学資保険と年末調整の関係【生命保険料控除する方法】

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

学資保険と年末調整の関係、控除する方法

生命保険や医療保険は、年末調整の際に必要だという認識はあるけれど、学資保険と年末調整の2つのつながりと考えると、首を傾げたくなるという人も多いもの。ここでは学資保険と年末調整の関係、そして年末調整で申告する場合の注意点についてお伝えします。申告できるのであれば、しないよりはしたほうが節税につながるもの。ぜひ参考にしてください。

学資保険の保険料は生命保険料控除の対象

学資保険という名前や教育資金の貯蓄のイメージから、学資保険は年末調整の対象外のように感じている方も多いですが、実は学資保険は年末調整の申告枠では「生命保険料控除枠」に入ります。生命保険とは全く別の保険というわけではなく、子供の教育資金や生活を補填するための生命保険。そう考えることで、生命保険料控除枠に入るイメージができるはずです。

学資保険の保険料を年末調整で申告する方法とは

学資保険に加入している場合、年末が近付くと保険会社から今年度の保険料の支払いを証明するハガキが届くはずです。このハガキが年末調整時に必要になるため大切に保存しておきましょう。このハガキを他の保険の控除書類と共に提出すればOKです。ただし、保険料の未納がある場合は年末調整で控除枠として申告することができません。保険料の払い忘れ、滞納がないように気をつけて支払う必要があります。

年末調整の申告時に、ハガキは必須ですが、もしハガキを紛失してしまったという場合は、急いで保険会社に連絡しましょう。再発行してくれます。

年末調整に間に合わなかった、忘れていた場合は確定申告を

年末調整の対象になることを知らずに学資保険の申告をしていなかった場合や、ついうっかり忘れていたという場合は、少し手間がかかりますが翌年2月中旬から3月中旬までの確定申告時期に書類を作成することで、追加で申告することが可能です。特に、課税されるかどうかギリギリの人や、生命保険料控除枠がまだ余っているという人は、少し面倒かもしれませんが、しっかり申告することで節税に繋がると言えます。

学資保険と年末調整の関係知っておくことで節税に

毎年行われる年末調整。例えば、今年は他の生命保険にたくさん加入しているので、学資保険を申告しなくても生命保険料控除枠がいっぱいだという人もいるかもしれません。しかし、保険が満期になったり解約したりした場合に、新たに課税されることになる可能性もあります。節税目的で学資保険に加入する人は少ないかもしれませんが、年末調整との関係を知っておくことは損にはならないもの。さらに学資保険の詳しい内容が知りたい人方は、保険の無料相談サービスを利用しましょう。信頼できるファイナンシャルプランナーがあなたの疑問に答えてくれます。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング