マイホーム購入時は生命保険を見直すべき

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

マイホームを購入した時の見直しポイント

長い人生の中では、保険の見直しをかけるタイミングがいくつかあります。得られるメリット以上のデメリット(支出)があるような状態を長く続けるのは保険とうまく付き合っているとは言えません。見直しのタイミングについても保険相談をしてみるといいでしょう。ここでは、マイホーム購入時の保険見直しについてご説明します。

 

マイホーム購入時の保険見直し

マイホーム購入時は誰もがローンにばかり目が行き、保険の見直しを検討する機会を失うことがあります。まだ若い夫婦がマンションや一戸建てを購入する場合は、保険についての知識が存分にあるわけでもありませんからね。このタイミングで見直すこともあるのだと知っておけば、購入前に保険相談をしてみるといいでしょう。マイホーム購入時に保険見直しをするメリットをお伝えします。

 

見直す保険は生命保険

マンションを購入した際には、一部の場合を除き必ず団体信用生命保険に入ります。団体信用生命保険とは、借主が亡くなった際に残ったローンを支払ってくれる仕組みです。毎月のローン支払いの中に保険料も入っていますから、金額までは意識した人が少ないかもしれません。お金を貸している銀行から見ても借主さんが亡くなり支払いできなくなるリスクを考えていますから入ってもらった方が良いわけです。住宅ローンの残高を気にしており、生命保険に加入しているのであれば、その分は必要ないかもしれません。団体信用生命保険があるので生命保険を解約すれば、保険料削減には効果がありますが、それだけで生活面が満たされないかもしれません。生命保険を子供の学資保険に切り替えてみるのも1つです。不明点があれば、保険相談でファイナンシャルプランナーの方にも意見をもらいましょう。

 

住宅金融支援機構について

住宅金融支援機構のフラット35を利用している人も多いと思いますが、フラット35の場合は団体信用生命保険が任意になります。購入時に勧められるので大体の人は入っていると思いますが、今一度自分の保険を確認してみてください。また、賃貸住宅の場合は、生命保険1本を見ておいたほうがいいでしょう。亡くなった後も毎月の支払いが発生しますから、賃貸とのメリット・デメリットが明白ですよね。マンションや一戸建てを購入すると、ローンの支払いが生活を苦しめることにはなりますが、いざという時にローン支払いがなくなるメリットを加味して購入の検討をしてみてください。

 

まとめ

マンションや一戸建てを購入する際には住宅ローンを組むことがほとんどでしょう。住宅ローンの中には、団体信用生命保険が含まれており、もし借主が亡くなったらローンの支払いをしなくてよくなります。そのため、生命保険を中心としてマイホーム購入の際には保険の見直しをしてみましょう。住宅金融支援機構の場合は、団体信用生命保険が任意になりますので、今の状況と合わせて保険相談することを検討してみてください。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング