医療保険の必要性はどの程度の高さだとお考えですか?

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

医療保険の必要性はどの程度の高さだとお考えですか?

多くの人は万が一に備えて、何種類かの保険に加入している、または加入を検討されている方もいらっしゃると思いますが、生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険など様々保険がある中で、本当に必要な保険を無駄なく選んでいるか、選べるかということに対して不安に思うこともあるのではないでしょうか?
ライフスタイルや家族の状況、年齢、職業などに合わせて、最適な保険を選んでいらっしゃいますか?
自分が最適な保険に安く加入できているかどうか、簡単にチェックできたら嬉しいですね。そんな方法をご紹介していきます。

 

医療保険とその他の保険の違い

まず医療保険についておさらいしていきましょう。多くの方が加入している主な保険の中には、医療保険の他にも生命保険や学資保険などがあります。医療保険は「病気や怪我をした時に治療と病気療養中の生活が保障される生きる為の保険」です。生命保険は「被保険者の死後に家族の生活を守る為の保険」、学資保険は「子供の将来の為の保険」です。つまり、医療保険は「病気や怪我によって生活が困窮するかもしれないという不安を感じたくない、病気や怪我に必要な治療を治療費の心配をせずに十分に受けたい」という方のための保険です。

 

医療保険が役立つ主なケースとは?

では具体的に医療保険が役に立つシーンをみていきましょう。みなさんがケガや病気で治療を受けた場合、日本では(国の健康保険制度によって)ほとんどの場合3割負担で済みます。ですが、健康保険の対象外の治療や待遇を受けた場合には急な出費や高額な医療費になるケースもあり、医療保険が大きな助けになります。

 

CASE1.長期入院の為、食事代や差額ベッド代などが嵩んだ場合

けがや病気で日帰り入院でも健康保険ではカバーされない費用があり、急遽の出費が出てしまいます。また特に長期入院になると、食事代や差額ベッド代の自己負担金が増え、最終的には医療費さえも支払えなくなるケースもあります。

 

CASE2.先進医療を受けた場合

先進医療は国の健康保険ではカバーされない上に、高額療養費制度も適用されない為、全額自己負担です。例えば、がんの治療に用いられる重粒子線治療や、陽子線治療などの先進医療を受けた場合、重粒子線治療では300万円以上、陽子線治療出羽では300万円近い費用がかかります。

上記事例はあくまで一例ですが、どんな方にも人ごとではない出費のリスクです。

 

医療保険に入った方がいい方

医療保険がなくても長期入院や高額医療に対応できるだけの十分な貯蓄はできそうにない方、加入している健康保険から傷病手当金が給付されない方は、万が一の為に医療保険に入っておいた方が安心です。

 

貯蓄額が増えそうにない方

「子供が多く教育費が嵩む」「老後に備えての自分の為の貯蓄をする余裕がない」など十分な貯蓄をすることができない、という場合には医療保険が大きな助けになります。また急遽数万、数十万の出費は厳しいという方も、医療保険に加入しておくと良いでしょう。ある程度払えるという方も、半分は貯蓄から、半分は医療保険から払おう、という形で医療保険を活用する人も多くいます。

 

個人事業主の方

会社員の場合、病気や怪我で入院や自宅療養をしなくてはなり会社からの給料が支払われなくなった時には、会社で加入している協会健保や組合健保の健康保険から傷病手当金が支給されるので、ある程度の生活は確保できますが、個人事業主の場合、加入している健康保険は国民健康保険なのでこの制度は適用されません。

 

まとめ

日々の生活の中でケガや病気などの思わぬアクシデントが発生した場合に、経済的な不安を軽減できる医療保険は、ほとんどの方が加入しておきたい基本的な保険の一つと言えます。ただ医療保険と一口に言っても様々なプランがあり、何となく選んでしまうと、いざという時に必要な補償が付いていなかった、意味がない保障を付けてしまっていた、というようなことになりかねません。
年齢、家族の状況、働き方の形態などによって最適なプランを選ぶことが無駄を省き、必要な補償を十分に受けることに繋がりますので、保険の知識が豊富なファイナンシャルプランナーに無料で相談できる保険相談サービスを利用して、自分にあった保険プランを選びましょう。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング