死亡保険の更新や転換の注意点

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

死亡保険の更新や転換の注意点!

141113

死亡保険に関する話をしているとよく「更新」や「転換」というキーワードが出てきます。死亡保険に関しては更新や転換をして自分にとって有利な設定にし直したり、新しく加入し直したりすることがあります。特にムダに払い過ぎたり、ライフステージに見合わない保険を加入してはあまりよくありませんね。
そういうときに死亡保険の更新を見直したり、転換を検討したりします。では具体的に更新や転換はどういうものでしょうか?その違いや注意点をまとめます。

 

死亡保険に関する更新と転換の違い!正しい知識を身につけよう

定期保険を契約して10年や15年という月日が経過するとその満期と同時に更新時期が訪れます。30歳から45歳までの契約から次のステージに移り、46歳から60歳までなどの契約に更新されるのが死亡保険の更新です。満期が訪れると自動的に更新するものもあるので注意が必要です。

また転換とは、同保険会社の保険ではなく他社の保険契約に加入しなおすことです。保険を解約して解約返戻金を払い戻されるとそれが転換の下取りになり、それによって別の保険契約に乗り換えることができます。
下取り金があることによって、新規に死亡保険に加入するよりも保険料は安くなるというメリットもあるんですよ。

これが大まかな死亡保険の更新と転換の違いです。

 

更新は保険料UPの可能性!転換は必ずしも有利ではない!

死亡保険の更新と転換の違いを解説しましたが、保険契約の更新や転換は必ずしもメリットばかりではありません。定期保険の更新は死亡保険や医療保険の場合は、リスクが高くなるので、当然保険料も割高になり更新をしたことで保険料も高くなりがちです。
そういったときはライフステージに合わせて保険を見直したいものです。特に特約やオプションなども更新の際、自動更新されるので注意しておきたいポイントです。

また転換に関しても必ずしも有利になるとは限りません。実際に死亡保険の転換をして「今までよりの死亡保険の方が有利な契約だった。」「転換をしたら保険料は下がったが、支払期間が延長されていた。」ということがないように事前に保険料の支払いのシミュレーションをして、保険契約を吟味しましょう。

 

更新と転換期には細心の注意を!自分に有利な契約かどうかの見極めが大事!

死亡保険の更新や転換は、それまでの保険契約の内容を見直す良い時期です。高すぎる保険料の支払っている場合や、ライフステージに見合わない契約をしている場合には更新や転換を期に大きく見直す必要があります。

そして注意したいポイントとして、更新時には通常保険料が高くなるということと、転換は必ずしも有利になるとは限らないということは押さえておきたいポイントです。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング