医療保険の保険相談

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

医療保険の保険相談について

無料の保険相談といっても、様々な保険が存在しています。保険相談の窓口に依頼をし、ファイナンシャルプランナーを紹介される場合には、事前にどのような保険で悩んでいるのかを伝えておくといいでしょう。

医療保険のプロと学資保険のプロとではまた違ったアドバイスを受ける事だと思います。ここでは医療保険における保険相談についてご説明をします。

 

医療保険の重要性

医療保険は、かかってから「入っておけば良かった」と思うものです。できれば、20代から30代の若いうちから医療保険の検討をしておいた方がいいでしょう。極端な話、がんになってからがん保険に入る事はできませんからね。

中には、収入がそれなりにあり、けっこうなお金を貯金している人は保険がなくても賄えると思っている場合もあるのですが、同じように病気になったり入院したりしてから必要性を実感するものです。

ただし、医療保険にも様々な種類があります。入院保障が付いている保険、がん保険、手術の給付金が入っている保険など、想像が付きにくいのも確かです。そこで、保険相談をしてくれるファイナンシャルプランナーの方に相談をするメリットが生まれるのです。

 

老後に必要なお金

医療保険に入っていると、いざというときに貯金を使う必要がないメリットも大きいです。

もし80歳まで夫婦で生きると想定すると、定年後に3000万円以上必要と言われています。保険相談をしてくれるファイナンシャルプランナーは保険についても詳しいですが、年金や生涯に必要な費用についてもアドバイスをしてくれます。

老後に必要なお金と、今の借金(ローン)を比較して、ベストな保険制度を提案してくれるのです。先々を見据えた医療保険の検討が重要なのです。

 

実際に保険相談をする

医療保険について無料の保険相談をする場合は、今の保険制度の見直しも検討にいれておきましょう。

年とともに増える病気のポイントを掴んで、見直しをする事も大切です。入院が増えるのか、治療が増えるのか、様々なリスクをファイナンシャルプランナーは考えてくれます。

また老後の事や残された家族の事も考えた終身保険についてもアドバイスをしてくれるでしょう。保険のサポーターだけではなく、人生のサポーターとして信頼できるファイナンシャルプランナーを見つけるようにしてください。

 

まとめ

医療保険についても無料の保険相談が有効です。終身保険が良いのか、生涯どれくらいの費用がかかるのかなど、人生設計と共に検討をしてくれます。年とともに増える病気が違ってきますので、入院や治療費のどこに力を入れるか、ポイントを絞って説明をしてくれるのは嬉しいですね。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング