医療保険は解約返戻金アリ?ナシ?それぞれのメリット・デメリット

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

医療保険は解約返戻金アリ?ナシ?それぞれのメリット・デメリット

医療保険の種類によって、解約返戻金の有無は異なるもの。いわゆる掛け捨てタイプの医療保険では、解約返戻金はないけれど、毎月の保険金が安い。貯蓄性の高い医療保険では解約返戻金があるため、いざという時に助かる。そんなイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか。

ここでは医療保険の解約返戻金とは何か、また解約返戻金の有無に応じたメリットとデメリットをご説明します。

 

医療保険の解約返戻金とは?

医療保険の解約返戻金とは、簡単に説明しますと「解約した際に戻ってくるお金」です。ただし、今までに掛けた保険金が100%払い戻されるわけではありません。医療保険の契約書には必ず「解約返戻金の返戻率」という形で、契約何年後から何%という風に記載されています。

手元に保険の契約書がある方は一度チェックしてください。この解約返戻金の返戻率は、一般的に契約からの期間が長ければ長いほど高くなります。

 

解約返戻金制度がある医療保険のメリットとデメリット

解約返戻金制度がある医療保険のメリットは返戻率にもよりますが、解約時にまとまったお金が入るという点。若い時期に医療保険に加入してすぐに解約すると恩恵を実感することは難しいですが、例えば若い時期に加入した終身保険を80歳で解約して、老人ホームへの入居資金に使うという方法も可能です。

ただし、解約返戻金がない医療保険に比べて保険金が高くなること、掛け金全てが払い戻されるわけではない点や貯蓄性だけを考えた場合、銀行などに預けるよりも効率が悪い点がデメリットとしてあげられています。

 

解約返戻金制度がない医療保険のメリットとデメリット

一般的に、ほとんどの定期医療保険には解約返戻金がありません。解約返戻金がない分、保険料の掛け金を抑えることができるというのが最大のメリット。特に若い時期の掛け金は低めに設定されていることが多く、金銭的に余裕がない家庭でも、しっかりと保障を得ることが可能です。ただし、貯蓄機能がない分、保険は保険。貯蓄は貯蓄と、別々に考える必要がある点がデメリットと言えます。

 

解約返戻金ありきではなく必要な保障から逆算して医療保険を選びましょう

医療保険の解約返戻金については、あり・なしどちらともメリット・デメリットが存在します。解約返戻金の有無を先に考えるのではなく、今の自分に必要な保障と毎月支払える保険料から逆算することが大切

一般的に、現在金銭的に余裕がある場合は解約返戻金ありタイプ、現在の保険料をできる限り抑えたい場合は解約返戻金なしタイプがおすすめですが、これが全ての人にあてはまるとは言えません。

解約返戻金に限らず、医療保険に関して不明な点、不安な点がある場合は、まずは一度無料でファイナンシャルプランナーに相談できる保険相談サービスの利用をおすすめします。

 


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング