子供の将来に備えて必要なのは学資保険? 生命保険?

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

子供の将来に備えて必要なのは学資保険? 生命保険?

子供が誕生すると、子供が独り立ちできるまでの間に親に万が一のことがあった場合、子供が生活に困らないように、子供が継続して十分な教育を受けられるようにと保険に加入することを検討されることと思います。

子供を守る為とは言え、日々の生活の中から捻出できる保険料は無限にある訳ではありませんので、効率の良い保険を選ぶことが大切です。

 

保障型学資保険は万が一に備える学資保険

親に万が一のことがあった場合、子供自身が重篤な病気になったり、怪我を負ったりした場合に補償される保険が保障型学資保険です。

親に万が一のことがあり、保険料を支払えなくなったというような場合に、満期保険金の額はそのままで、保険料の支払いを免除される、育英資金が支払われる、病気や怪我の治療費が支払われるなど、プランによって様々な保障が付いています。

ただし、保障が多ければ多いほど返戻率は低くなりますので、満期保険金が支払った保険料より多くなるという可能性は低く、利殖効果は期待できません

また、親自身が生命保険に加入している場合には、保障が重複し、無駄になってしまうこともあります。

従って親が生命保険に加入していない、教育費は学資保険以外からも支払えるので、万が一の時の保障が欲しいというような場合には保障型学資保険が適しています。

 

教育資金を貯蓄する貯蓄型学資保険には生命保険も必要

貯蓄型学資保険は教育資金を貯蓄する為の学資保険なので、満期保険金は支払った保険金より多くなり、大学入学や留学などまとまった資金が必要になる時に役立ちます。ただ、親に万が一のことがあった時に、子供の生活や教育に対する保障はありません

親が生命保険に入っている場合には、純粋に教育費の貯蓄ができるので心配ありませんが、そうでない場合には、万が一に備えることができませんので、万が一のことがあった場合に子供を守る為には、生命保険と組み合わせて加入することが必要です。

 

加入している他の保険との兼ね合いを考えて学資保険を選びましょう

子供の将来を考えると、貯蓄も補償も備えておきたいものです。ただし、あれもこれもと考えて特約を増やすと保険料が高くなると同時に、貯蓄性は低くなってしまいます。また、他に加入している保険と保障が重複してしまう場合には、その分の保険料が無駄になってしまいます。

無駄を出さずにしっかりとした保障を確立し、教育資金も十分に貯蓄する為には穂家に加入している保険との兼ね合いが大切です。

保障の重複などは素人には難しい面もありますので、無駄のない学資保険を選ぶ為に、保険の知識が豊富なファイナンシャルプランナーに無料で相談できる保険相談サービスを利用してみましょう。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング