学資保険の借り入れ制度は万が一の時に利用しよう

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

学資保険の借り入れ制度は万が一の時に利用しよう

貯蓄型である学資保険には、借り入れ制度が付いています。払い込みをした金額を一時的に借り入れすることができ、銀行や消費者金融などのローンよりも低金利で利用することができます。せっかくお金を払込したのに借り入れをしたくないと思うかもしれませんが、借り入れできることを知っておくと万が一という時にかなり利用できます。ここでは、学資保険の借り入れ制度についてまとめます。

 

学資保険で借り入れができる

学資保険は貯蓄型の保険ですから、払込をした金額から一部を借入することができます。例えば、満期になると200万円もらえる学資保険に加入していたとします。既に100万円分払い込みをしていた場合は、100万円まで借り入れができるのです。借りたお金には利子が付きますが、お金が必要な時に銀行やクレジットカードのカードローンを利用するよりもお得に借りられるのです。借り入れができることを知っていれば、これからの教育費やその他の費用が必要になった時に活用できます。

 

借り入れを活用する場面について

せっかく払い込みをしたのに借り入れをするのはどのような場合でしょうか。18歳で保険金を受け取れる設定をしており、高校までは公立で進んでくれることを想定していたとしましょう。加入したのは0歳の頃ならば、この先子供がどのような人生を送っていくのか分からないものです。中学校から私立に行かせたいと考えた場合、手元の金額で足りない部分を学資保険から補てんができます。借り入れした分、利子をつけて返さなければなりませんし、返さなければ18歳の時に受け取れる金額は減ってしまいますが、一時的な学費補填としてはかなり助かります。大学の資金はこれから別で貯金をしていく計画を立てればいいのです。

 

学資保険を多めに設定しておく

子供が産まれて間もないころには、これからの生活を夫婦の収入でどうやりくりしていけばいいのか計画を立てることでしょう。余裕のある収入であることが少ないため、学資保険の金額も少なめに設定する人がほとんどです。無理をしてはいけませんが、出来るだけ貯蓄に回すのであれば、少し高めの設定にしておくことで効率的に貯蓄することができます。この先、どうしてもお金が必要になった時には借り入れで乗り越えることができますので、思い切った計画を立ててみてもいいでしょう。

 

借り入れ制度は万が一の時に備えておこう

学資保険に加入してから借り入れができることを知らなかった人も多いのではないでしょうか。借金が増えると思えば抵抗もあるでしょうが払込をした金額から一部を引き出すと思えば気持ち的にもかなり楽です。貯蓄タイプの学資保険だからこそできる家計の安心感を無料保険相談所で詳しく聞いてみてください。ファイナンシャルプランナーが今後の教育費について細かく説明してくれるはずです。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング