子供二人目で学資保険を考える

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

子供二人目で学資保険を考える

一人目の子供が産まれた時に考える学資保険の方法は、そのまま二人目に通じるとは限りません。二人の子供の年齢差や今の収入と合わせて二人目の学資保険を検討する必要があります。実際に一人目の学資保険で経験したことを踏まえて、二人目の貯蓄について考えていきます。同じような環境の家族はたくさんいますから、分からないことは無料の保険相談でアドバイスを受けてみましょう。

 

一人目の子供で学資保険に加入していない場合について

二人目の子供が産まれると、この先二人分の教育費がかかることになります。家族が増えれば、同じように倍々になっていくわけです。一人目の子供が産まれてから今まで学資保険に加入していない家庭は、少なくとも一人目の学資保険を検討してください。二人とも小学校に上がってからでは毎月の支払額が増えますし、契約できない保険プランが出てくる可能性もあります。手遅れにならないうちに、早めの行動が大切です。

 

収入を元に二人目の学資保険を考える

一人目の学資保険で毎月支払ってきた額は、家計にどれくらいの負担があったでしょうか。おそらく、自動的に引き落とされた後のお金で家計をやりくりしているはずなので、思ったよりも回っているのではないでしょうか。もちろん、支払いが無くなれば楽になるのでしょうが、今さら解約しようとは思っていないはずです。もし一人目の月額費用が月に1万円ちょっとなのであれば、二人目の加入をお勧めします。逆に、一人目の月額費用をかなり多く設定している場合は、戻ってくるお金も多くなるはずなので、二人目の検討はもう少し後でも問題ないでしょう。

 

年齢差で学資保険を考える

二人目の年齢差が2歳だとすると、学資保険の払い戻しが大学入学時であるならば、下の子は高校2年生になろうとしている時です。一人目の学資保険払い戻しを全て一人目に使うのであれば、二人目の加入は早い方がいいでしょう。逆に3歳差なのであれば高校入学時になりますから、一人目の学資保険の一部を高校の費用に回すことも考えられます。兄弟の年齢差によって、家庭にお金が増えるタイミングを計算しておくことと、学資保険のプランも考え方が変わるはずです。

 

二人目が出来たら無料保険相談を活用

一人目で学資保険に入っているからある程度は大丈夫、と考える家庭もあるでしょう。二人目が産まれると、普段の出費も二人分になりますから、無理な契約は禁物です。二人目も学資保険に入りたいと考えているならば、まずは保険の無料相談所でファイナンシャルプランナーの方に相談をしてみてください。今の収入と先の計画について、様々な角度でアドバイスをしてくれます。子供がいる友達や同級生の親にどうしているのか聞いてみるのも考えをまとめる上では大切なことですね。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング