訪問型の保険相談

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

店舗ではできない保険相談

無料で保険相談をする方法は「店舗型」と「訪問型」があります。店舗へ訪問して相談する場では金品の授受ができませんから、商品券がもらえる!といったサービスをアピールしているのは訪問型ですね。商品券がもらえるような特典の他にファイナンシャルプランナーの方に訪問してもらい保険の相談をする場合には、様々なメリットがあります。店舗ではできない保険相談の方法としてご紹介していきます。

 

店舗型との違い

ファイナンシャルプランナーの方と直接やり取りをするのが店舗型との大きな違いになります。店舗での相談の場合、その店舗まで出向かなければなりませんが、訪問型では自宅や近くの喫茶店での打ち合わせが可能となります。そのため、時間の融通を利かせやすく、空いた時間での相談がしやすいのが特徴です。

 

いろんな相談ができる

店舗型でも同じ事はできますが、ファイナンシャルプランナーの方に訪問してもらった方が保険以外の相談もしやすくなります。あまり込み入ったところまで話を広げてしまうと無料相談のラインを超えてしまうことになりますが、ファイナンシャルプランナーはお金の専門家ですから、保険に絡めた人生設計の話なんかも気軽にしやすくなるのです。保険だけではない相談ができるのは、店舗型よりも訪問型の特徴と言えます。

 

訪問型ファイナンシャルプランナーの特徴

店舗型ではない保険の無料相談では、保険のプロフェッショナルの人を紹介してもらえます。経験豊富で様々なタイプの人と相談をしてきていますから、保険の選択の幅が広がることでしょう。しかし、店舗という守られたところに入っていないため、中には無理な営業をしてくる場合も考えられます。ファイナンシャルプランナーの方は、しつこい勧誘をすると仕事を失ってしまいますから、出来るだけ気をつけているでしょうが、ついつい契約に必死になってしまうことがあるのです。しつこい勧誘を受けた、営業電話がよくかかってくる、といったクレームやバイトもいるので知識に不安があるといった状況になったら紹介元に連絡をして担当を替えてもらうのも一つの方法と言えますね。

 

 

まとめ

お金の専門家であるファイナンシャルプランナーに訪問してもらって保険相談をするのは店舗型にはないメリットがあります。保険だけではない家計やお金の事を相談しやすいですし、時間の融通も利きます。店舗よりも人を見ることになりますので、信頼できるファイナンシャルプランナーであるかを見極め、替えて欲しい場合は、紹介元に連絡を入れるのも一つの方法です。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング