終身保険で相続税対策

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

保険で相続税を節税する仕組み

相続する権利を持っている家族が亡くなった場合には、相続税が発生します。保険のことばかりを考えていると相続税の金額が思ったより多いことにびっくりするケースがあります。事前に相続税を計算しておくのはあまり気持ちが良いものではありませんし、イメージも沸かないはずですが、節税できる仕組みを利用しない手はありません。保険を活用すれば相続税を節税することができるのです。保険と相続税の関係について説明します。

 

相続税について

例えば父親が亡くなって、資産が1,000万円残っていたとしたら、資産を受け取ることに税金がかかります。これが相続税です。家族で分配した場合も同じですね。相続税には基礎控除の考え方があり、課税対象となる金額が決まっています。法廷相続人が3人の場合は、4,800万円以下の場合は非課税となります。逆に言えば、4,800万円以上の場合は課税対象となりますので、相続を受け取ってしばらくしたら税金を納めなくてはなりません。相続税の存在を忘れていると、税金を払う事でマイナスになってしまうこともあるのです。税金は出来る限り節税したいですよね。

 

保険が節税になる

では、保険を利用する事で相続税を節税することができる原理について説明します。まず、生命保険料には税金がかかりません。死亡した後にもらう保険には税金がかからないため、そのままお金を受け取ることができます。そのため、保険の支払いを相続資産から支払う事で基礎控除の金額を減らす事ができるようになります。基礎控除を減らせば、課税対象金額が減っていきますし、場合によっては課税対象とならないことだってあります。

 

終身保険で節税

相続税を節税するのであれば、終身保険がベストでしょう。生命保険の中でも受け取る保険金が減らない方が、残された家族にたくさんのお金を残す事ができるようになります。終身保険には、非課税となる受け取り金額が決められており、相続人1人500万円で計算されます。相続税を含めた節税については少しややしいものです。終身保険を検討されている人は、保険相談時に相続税の事も相談をしてみてください。相続税の節税に詳しいファイナンシャルプランナーであれば、ベストな提案をしてくれることでしょう。

 

まとめ

相続税は、保険で節税をすることができます。相続税の基礎控除金額を減らすために、保険の支払いを資産からするのです。保険金の支払いには相続税が非課税になる金額が決まっていて、相続人1人500万円で計算されています。保険相談時には、終身保険の内容に加えて、相続税についても合わせて聞いてみてください。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング