学資保険の加入年齢はいつが最適か?

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

学資保険の加入年齢はいつがいい?

出産後、赤ちゃんのための家具を揃えたり、新居を購入したり、様々な事にお金が必要になることがあります。学資保険をついつい後回しにしてしまい、4歳、5歳になってから加入する人も多くいます。学資保険の加入年齢は、早い方がお得です。100万円受け取るために15年支払い続けるのと10年支払い続けるのとでは、月々の負担額が変わります。学資保険をこれから検討しようと思っている方に向けて、加入年齢の考え方をお伝えしていきます。

 

学資保険の加入はお早めに

学資保険に加入する年齢は早ければ早い方がいいです。子供が産まれる前から入れる学資保険もたくさんあります。受け取る金額が同じであれば、加入を早くする事で月々の負担額を減らす事ができます。もう少し収入が増えたら考えようと思っている過程も多いようですが、出産後の毎月1万円負担と、5歳になってからの毎月2万円負担であれば、前者の方が精神的な負担も軽減されるのです。また、1人目の加入を迷っている時に2人目が産まれるケースも少なくありません。後で後悔をする前に、早めの加入をオススメします。

 

学資保険の加入年齢を早めると得する?

月々の負担金額が軽減される他に、学資保険に早期加入することで得られるメリットがあります。1つは死亡保障です。学資保険に加入してから万が一契約者が死亡した場合、後の保険料は支払う必要はありません。0歳の時に加入しておけば、家計の不安もなくなります。死亡することを考えたくはありませんが、残された家族のためには保障を手厚くしておくことが重要であり、保険料を支払う金額が家計を圧迫するのであれば、この機会に節約する術を探してみるのもいいでしょう。

 

加入年齢が早いと学資保険の返戻率が変わる

学資保険の受け取り金額は、返戻率によって求められます。200万円の払い込みをした場合、返戻率が高ければ220万円返ってくるかもしれませんし、返戻率が低ければ201万円かもしれません。早めに学資保険に加入することで返戻率が高くなるため、同じ額を支払っていても返ってくる金額が変わるのです。また、支払い期間を15年から10年に変えることでも返戻率は変わります。月々の負担は増えてしまいますが、お金が別でかかる13歳前後までに支払いを完了させておくと家計はぐっと楽になります。

 

学資保険に入るならお早めに

学資保険の加入年齢が早い方がいい事は分かっていても、なかなか踏み出せない家庭も多いです。無理な支払い設計にして家計を圧迫させる事が不安の1つにもなりますからね。無料保険相談をする場合は、無理やり保険加入を勧めてくるようなファイナンシャルプランナーではなく、今の収入とこれからの将来のことについて親身になって相談に乗ってくれる人を選ぶようにしましょう。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング