妊活を始める時は医療保険の加入や見直しについても考え始める時

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

妊活を始める時は医療保険の加入や見直しについても考え始める時

健康な赤ちゃんを産む為に、妊娠中の生活習慣や食事内容、精神のコントロールなどに注意して、妊娠しやすい身体の状態にし始める時には、妊娠に関わるリスクについても考えておくことが大切です。
妊娠は夫婦にとってもご両親にとっても嬉しい出来事であり、楽しみなことですが、妊娠する本人にとっては悪阻などでつらい日々が続くことや、出産に対する不安を感じることなどから、身体的にも精神的にも負担がかかるものです。
その為、医療保険の中でも妊娠、出産に向けての内容が充実しているプランの医療保険に加入することが妊娠、出産に関わる不安を軽減することに繋がります。
なぜ婚活を始める時が医療保険の加入や見直しについて考えなければならない時期なのかということについて、ここで一緒に考えてみましょう。
 

なぜ婚活期に加入を検討するべきなのでしょう?

妊娠、出産に向けての奈ようが充実しているプランの医療保険なら、妊娠が決まってからの方が良いのでは?とお考えになる方が多いことと思いますが、加入する時期によって補償される内容が制限されてしまうので、できれば妊娠前に加入することが望ましいのです。
もちろん、妊娠してからでも、母子手帳に初回診察記録をされた日から妊娠27週目までは医療保険に加入することができますが、せっかく加入するのであれば、全ての補償を受けられようにしておく方が安心です。
 

制限される医療保険の内容とは?

妊娠前に医療保険に加入した場合は、帝王切開や子宮外妊娠などの異常分娩に対して給付金が支給されるのですが、妊娠後に加入した場合、妊娠後の加入には子宮部位に関わる疾病、異常妊娠や異常分娩に関わる疾病への補償はしないという条件が付く為、給付金が支給されないことがあります。
保険会社によって、具体的な症例は異なりますが、帝王切開、子宮外妊娠など、妊娠、出産に直接関係する症例だけではなく、子宮がんや子宮筋腫までもが含まれる場合もあります。
また、多くの医療保険は不妊治療中を始めてから出は加入できません。
従って、不妊治療を始めようと検討中の方は、不妊治療の開始前に医療保険の加入や見直しを検討されることをおすすめします。
 

妊娠後や不妊治療中でも制限されない保険もあります

多くの妊娠や出産に向けての保険商品は、妊娠後や不妊治療中には加入できない、妊娠後に加入しても厳しい条件が付くといったものですが、中には制限されない保険、加入できる保険もあります。
 

専門家のアドバイスを受けて納得のいく医療保険を選びましょう

日本国内には数多くの保険会社があり、同じ保険会社の保険商品の中にも様々なプランがあるので、自分の身体や経済の状態に最適なプランを見つけることは非常に難しいというのが現実で、完全に納得したわけではないが加入してしまったということになってしまうこともあります。
婚活を始めたら、保険の知識が豊富なファイナンシャルプランナーに無料で相談できる保険相談サービスを利用して、自分にあった保険プランを選びましょう。
 


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング