女性の結婚や出産と医療保険の関係

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

女性の結婚や出産と医療保険の関係

女性には結婚、妊娠、出産という人生の大きな転機があります。
どれもおめでたいことではありますが、費用がかかり、妊娠や出産に関しては、女性特有の病気と大きな関わりがある為、健康な状態を維持することにも気を使います。
結婚が決まったら、妊娠、出産に備えて、女性の為の医療保険の加入を検討してみませんか?

 

結婚を機に加入したい妊娠と出産をサポートする女性向け医療保険

結婚を機にということは、きっかけという意味もありますが、妊娠前に加入するということに大きな意味があります。
なぜなら、妊娠してから保険に加入すると、カバーされる症状が限定されてしまうからです。
帝王切開、切迫早産、子宮頸管無力症、吸引分娩、早期破水、子宮外妊娠、前置胎盤、妊娠中毒症などは、特定部位の不担保という規約により入院や手術にかかった医療費は保障の対象外にされてしまうことがあるのです。
その為、妊娠27週目までであれば加入できる医療保険もあるのですが、より手厚いサポートを受ける為には結婚を機に加入することが最も良いタイミングです。
また、女性向き医療保険の中には、通常ではカバーされない自然分娩の入院費が給付されるプランもありますので、出産費用の助けになります。

 

女性特有の病気をカバーしてくれる女性向け医療保険

出産を補償する保険の中には、女性特有の病気も併せてサポートしてくれるプランもあります。
保険会社によって基準が違いますが、女性特有の病気とは、帝王切開や異常分娩などの出産に関わる症例に加えて、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、卵巣のう腫、乳がん、バセドウ病、関節リウマチ、不妊、月経不順、更年期障害などがあります。
通常の医療保険の場合、受け取れる給付金は入院給付金と手術給付金ですが、女性向け医療保険の場合には、女性特有の病気以外での入院給付金と手術給付金に加えて、女性特有の病気の入院給付金と手術給付金が上乗せ保証されますので、心強い医療保険です。
また、女性のがんでは、乳がん、子宮がんなど女性特有のがんでの死亡率が高く、先進医療を受ける場合もありますが、女性向け医療保険の中には、先進医療をサポートするプランもあります。

 

まとめ

女性向け医療保険に加入することで、安心して妊娠期を過ごし、自然分娩であっても、異常分娩であっても出産の給付金を受け取ることができ、さらに女性特有の病気に対するサポートも受けられます。
ただし、出産に関わる給付金は妊娠前に加入しないとサポートされる内容が限られてしまいますので、結婚を機に女性向け医療保険に加入しておくことが大切です。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング