若いうちに保険に加入するメリットについて

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

若いうちに保険に加入するメリットについて

大病にかかるのは大抵年をとってからだし、既婚で妻や夫、子供の為に万が一の事態に備えておきたいのならわかるけど、若くて独身なら保険に入る必要なんてないでしょ。
なんて考える方は非常に多いと思います。
そこで今回は若いうちから保険に入っておくメリットについてお話しさせていただきます。

 

貯金と保険加入の違い

貯金は少しづつコツコツとお金を貯め、何年もかけてお金を増やしていくのが一般的な貯金の方法ではないでしょうか。
一方で保険は加入した直後でも「いざという時」が来たら契約した大金が受け取れます。
つまり貯金でコツコツ貯めていては「いざという時」に必要十分なお金が貯まってない可能性があります。
それに貯金したお金は、「いざという時」以外にも結婚や出産、住宅購入時の頭金などで使いたい場面がたくさんあります。
そのために保険に加入して「いざという時」の保障は保険で確保することが大事になります。
貯金と保険加入はどちらか一方だけ実施するのではなく、両方実施する必要があるということです。

 

社会人になったら

社会人の医療保障について考えると会社員は健康保険、自営業(個人事業主)であれば国民健康保険という公的な保険制度に加入することになります。
病気や怪我で入院すれば医療費はたくさんかかりますが、高額療養費制度というものがあって1ヶ月の医療費自己負担額は9万円ほどですみます。
他に入院中の食事代や部屋の利用代、ベット代など保険適用外の費用もありますが、長い期間入院しなければ特に問題ないでしょう。
しかし、長期入院で怖いのは病院費用ではなく、入院中は働けないので収入がなくなることです。そうなる前に医療保険や所得保障保険には最低限加入する必要があります。

 

お金がなくても少額の保険に入りましょう

若くして結婚し、子供も生まれ保険に回すお金の余裕なんてないという状況で家計を支えているあなたに「万が一の事態」が起き、突然働けなくなってしまった場合、収入がなくなった家族はどうなってしまうでしょうか。
収入が無くなってしまうのですぐに生活ができなくなってしまいます。
既婚者で保険に加入されていない方はこのような事態にならないためにも是非一度家計を見直し保険に加入することを検討してください。

 

まとめ

年齢関係なく保険の必要性はあります。保険加入に適正年齢はないということですね。
ただし、現在の年齢や結婚の有無、子供の有無や子供の年齢など、人それぞれ現在のステータスが違います。
保険は対象者の状況に合わせて様々な商品が用意されているので、当サイトで紹介している保険相談会社に登録し、あなたにあった最適な保険会社と商品を選択してください。

 


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング