個人年金の保険相談

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

個人年金の保険相談について

生命保険や医療保険は、老後のことを考えて入られる人が多いのですが、同じように重要な保険が個人年金です。高齢化社会となった今、受け取れる年金額は毎年減ってきています。少し豊かな生活をするために、個人年金の検討をしてみてください。支払額と受取額、返戻率などは資料だけでは分かりにくいものです。そこで、プロに相談する保険相談をする人が増えています。ここでは個人年金の保険相談をすることについてご説明をしていきます。

 

年金の現状

定年を迎えた後に夫婦で豊かな生活をしていこうと思うと、毎月30万円ほどの収入が必要とされていますが、年金から受け取れるのは15万円ほどとなっており、金額にかなりの開きがあるのが現状です。退職金も当てにできず、貯蓄できるような収入にもなっていないため、定年後も働き続けるといった事が当たり前となっています。若いうちから定年後のことを考えておき、いざというときのために準備しておく事はとても大切なことなのです。

 

個人年金について

個人年金とは、毎月いくらかを積み立てていき、定年後に支払いを受けるという保険制度です。単純に銀行に貯金していくよりも利率が良いため、若いうちから貯金を考えている人は個人年金を検討してみるといいでしょう。若いうちに遊ぶお金を少し削って、おじいさん・おばあさんになった自分のために残しておこう、と考えてみるといいかもしれませんね。ただ、この先どうなるか分からない状況であり、今の生活もいっぱいいっぱいだという人が無理に個人年金を利用するのも違う気がします。老後のことは考えておいたほうがいいですが、無理に捻出しなくても良いようにしましょう。

 

個人年金の相談

医療保険や生命保険は今すぐにでも必要になるかも知れず、また自分ではなく残された家族のために必要になります。しかし個人年金は先のことなので想像しにくいのも確かですよね。そこでファイナンシャルプランナーの方に相談をして、返戻率や付帯サービス、定額型や変動型など適した選択ができるようにアドバイスを受けてみるといいでしょう。ファイナンシャルプランナーの方は、今の自分の収入で個人年金を優先すべきかについても相談に乗ってくれます。

 

 

まとめ

老後のことを考えると、できるだけ収入を増やしておきたいものです。定額型や変動型、返戻率や付帯サービスについては資料を読んでもパッとしませんし、まだ先のことだという若い人にとっては無理して入ろうとは思わないでしょう。ファイナンシャルプランナーの方に個人年金の保険相談をして、どのようなサービスがあるのか、また今の収入で加入しておいた方がいいのか、などのアドバイスをしてもらうようにしましょう。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング