子供保険の必要性について

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

子供保険の必要性について

子供が産まれると、これまで保険について真剣に考えた事が無い人も真剣に考えるようになるでしょう。子供といえば学資保険が第一に思い浮かぶでしょうが、ただ貯蓄をするだけではなく、医療保障といった特約がついていることがほとんどですから、他の保険と合わせて検討する必要があります。ここでは子供保険の必要性についてまとめます。子供が産まれたら保険の見直しを実施してみてください。

 

学資保険、子供保険について

学資保険に入っておくと、将来的な教育資金をサポートする事ができます。月額の支払額に合わせて、高校入学時や大学入学時にお金が返ってきます。学資保険には、貯蓄の役割以外にも医療保障が特約として付いている事が多く、子供の医療保険を他に考えずとも学資保険でまかなえてしまいます。また、契約者である親が亡くなった時、その後の支払額が免除されることになります。死亡保障とは受け取り方が違いますが、教育資金が自動的に溜まっていくことを考えれば、同じ意味合いで検討する事ができるのです。

 

学資保険と他の保険の組み合わせ方

学資保険には様々な役割があることが分かりました。子供が小さい間は国の医療保障が充実していますから、追加で医療保険を考えなくても負担は多くありません。学資保険の特約も大きな医療保障は考えなくてもいいでしょう。医療保障を手厚くすると、支払う金額が増えるだけでなく、返ってくるお金が元本割れしてしまうこともあります。特約に惹かれすぎないように、学資保険のプランを考えるようにしてください。

 

死亡保障について

結婚してすぐに医療保険に入る人も多いでしょう。まずは旦那さんからと考えられています。子供が産まれて学資保険の負担が厳しくなるようであれば、死亡保険の優先順位を下げてもいいです。契約者が亡くなったら、学資保険で戻ってくる金額が死亡保障の変わりになるためです。大人は医療保障が充実したものにしておけばしばらくは大丈夫でしょう。子供に医療保険は必要ありませんが、少額で入れるケガ保険や個人賠償保険に加入しておけば月々の支払いも多くありませんし、万が一のことがあった時に安心です。

 

子供保険の不明点は無料保険相談で

いかがだったでしょうか?子供が産まれると保険について真剣に考える機会が多く、一つ一つじっくり考えるようになります。学資保険の他に、死亡保障、医療保障、貯蓄と考えればキリがありません。月々の支払いを考えて計画を立て、立場に合った保険をうまく利用していきましょう。複数の保健を組み合わせる場合は、経験豊富なファイナンシャルプランナーに相談してみることをおすすめします。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング