必要保障額の決め方

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

必要保障額の決め方を相場や事例に学ぶ

141709

死亡保険の加入を検討する上で欠かすことができないキーワードとして必要保障額という言葉があります。必要保障額とは被保険者が死亡したときに保険金の受取人に保障される保険金の額のことです。

これによって加入する死亡保険にプランや月々に払い込む保険料が決まるので加入前に十分に検討しておきたいところです。必要保障額の具体的な決め方を相場や事例から紐解いていきましょう。

 

保障額の決め方はライフプランに直結!慎重さとバランスが大切

死亡保険の必要保障額は、言うまでもなく自分に万が一のことがあったとき、家族などの受取人が生活をしていくため、もしくはある程度生活をしていくために大切なお金です。
したがってどれくらいのお金があれば家族が受取人が暮らしていけるか、どのくらいのお金が必要なのかはケースによって変わってきます。

基本的には、今後家族などに必要なお金の総額から、家族が得られる収入などを差し引いた額が必要保障額として妥当な額だということができます。この必要保障額は家族の構成人数などによっても大きく変わります。
夫婦だけの世帯や子供の有無、子供がいれば何人分の養育費や教育費として必要かも関わってくるのです。
したがって死亡保険の加入にはこの必要保障額をよく検討することが大切だといえます。

 

事例で学ぶ夫と妻、子供1人の世帯の必要保障額の相場

では具体的に死亡保険の必要保障額の相場を、事例をもとに確認しましょう。夫33歳、妻29歳で2歳になる女の子の家庭があります。基本的には世帯の収入は会社員の夫の収入(年収450万円)に依存しており、妻は結婚後は専業主婦として家事や育児をしています。この場合夫にもしものことがあったときは、当然経済的に妻と子が困窮してしまうことが予想されます。

そこで死亡保険によって今後妻と子、特に子供の養育などにかかる費用を賄おうということです。相場的にこのような男性側が加入する死亡保険の必要保障額は2000万円ほどだといわれています。また逆に妻の側も生命保険に加入することもあり、その場合は1000万円前後だといわれています。また世帯の収入によっても保障額は大きく変わるので今後どれくらいのお金が家族に必要かはよく考える必要があります。

 

必要保障額とは家族に残してあげたいお金のこと!事前に相場チェックを!

生命保険は必ずしもすべての人が加入しなければならない保険ではありません。しかし主たる収入源の一家の大黒柱が倒れたとき、家族が十分に暮らしていける財産が十分にある家庭ばかりでないのも事実です。

死亡保険に加入するときのプランの決め方は、必ずこれからどれくらいのお金が自分たちに必要かをよく検討して、加入するべきプランを選びたいものですね。

事前の必要保障額や保険料の相場チェックがなにより重要になってきます。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング