ライフイベントで知る見直し時期

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

ライフイベントで知る見直し時期

141724

死亡保険には見直しが大切だといわれています。死亡保険というのは、自分や家族のライフプランと同時に考える必要があるといわれています。
そのため自分たちの生活やライフイベントなどをよく考える必要があり、保険料が高すぎはしないか、必要保障額の設定はどうか、保険期間のスパンに間違いはないかということを適切に見直す必要があるといわれています。
ライフイベントなどを軸にして死亡保険を一度見直してみてはいかがでしょう?

 

ライフイベントってなに?人生の節目は保険を見直す転換点

私たちは人生の中でいくつものライフイベントを迎えると言われています。例えば進学や就職、転職、結婚や出産、子供の自立など人生の中でターニングポイントとなるイベントはいくつも訪れるものです。そういったときに実は保険契約を見つめなおすチャンスだといえると思います。
例えば死亡保険でもっともわかりやすいのは、結婚をしたり子供が生まれたりするときで、自分がもし万が一志半ばで死亡するようなときには家族に必要な保険を家族に残しておきたいものです。そういったときに組んだ保険と、それから時間が経過して子供の自立したり、自らが定年で退職したりしたときの死亡保険の掛け方というものは、当然のことながら変遷してきます。そんなライフイベントに合わせて高すぎる保険料や不要な特約などは解消していきたいものです。

 

具体的な死亡保険の見直し方!ライフイベントに合わせて最適に設定を

死亡保険を見直す上で注意したいのが、死亡保障額と保険料です。子供が小さく、養育費や教育費の負担が大きいだろうライフステージでは当然、死亡保障額の設定というものは高くなります。死亡保障額が高ければ支払う保険料も同時に高くなります。こういったこれからお金が必ず必要というライフイベントに近い時期には高額な死亡保障が要求されるのは当然ですが、子供が自立したり、自分が定年を迎えこれから年金をもらうというときに必要以上に高い死亡保険を掛けることはありません。
現在では死亡保険の保障額や保険期間、保険料というものは500万円~数千万円など段階を分けて選択できるようになっているので、ライフイベントに合わせて適切に設定していきたいです。

 

こまめに死亡保険を見直して!保険料の払い過ぎを防ごう!

ライフイベントに合わせて死亡保険を見直すことは非常に大切です。なぜなら自ら死亡保障や保険料を見直すことなく、死亡保険を更新しつづけるといつのまにか不要な死亡保障をかけていることが少なくないからです。
ライフイベントから考えて高額な死亡保障が必要なときには高い掛金を、またそれほどお金が必要ではないというライフステージに入ったら自分にとって一番手頃な死亡保険を選択したいですね。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング