葬儀代のための死亡保険

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

葬儀代に責任を持つための死亡保険

141484

人生の最期のセレモニーといえば自らの葬儀・告別式でしょう。最後の最後は自分の力で自分は葬れないものです。そこには家族や親せきの力がどうしても必要になってきます。
いざというときは周囲の人間にとっては悲しむ暇もなく葬儀の準備に追われることになります。平均で200万円といわれる葬儀費用は誰にとっても負担です。仮に自分に預貯金が1000万円あっても銀行口座が凍結ロックされて引き出せないことも。そんな不安に対応する死亡保険があるととても便利ですよね。

 

葬儀代捻出に便利な死亡保険がある!家族に迷惑をかけないために

「自分には貯金がたくさんあるから死亡保険など加入する必要はない」と高をくくっている人は多いです。しかし現預金がたくさんあることとそれを自分の死後、残された人間が自由に使えるということは別の問題です。
実際に故人に資産があっても、家族が葬儀代などを工面するのに苦労したというエピソードは多いです。銀行口座というものは、本人が死亡すると凍結ロックされます。またすぐに凍結されなくても、本人以外が引き出すことは容易ではないし、家族とは諸々の問題があります。(そもそも家族は相続人ではあってもまだ相続していません。)

そういうときに対応できる死亡保険のあり方というものも注目されています。葬儀代として死亡保険金が速やかに支払われれば家族も困りません。

 

余命宣告で保険金がおりることも!葬儀代に特化した死亡保険もアリ

葬儀代は葬儀屋さんに概ね1週間以内に支払わなければならないといわれています。もし手元にお金がなければ、死亡保険金を早急に支給してほしいものです。
葬儀代に特化したミニ保険では死亡から葬儀、火葬までの3日から4日までの数日間に保険金を支払ってくれるプランもあります。また余命宣告をさせると死亡保険金の一部が支払われるという死亡保険が人気という事実もあります。これならばその保険金の一部を使って自分の葬儀・告別式の費用に充当することも可能です。事前に死期がわかっていればあとで家族にあたふたさせることなく、葬儀のお金や諸々の費用を家族に託しておくことができますね。(とても悲しいことですが・・・)

 

平均200万円の重みを知って葬儀代が捻出できる死亡保険に加入しよう!

このように自分に預貯金が十分にあっても家族は簡単にそれを使うことはできません。その中で平均200万円という自分の葬儀代で家族に迷惑をかけないためにも、それを見据えた死亡保険のあり方を模索するべきです。

自分の人生に最後まで責任を持ちたいという人も多く、たくさんの人に心から見送ってもらうには、葬儀代を見据えた死亡保険のあり方というものにも注目が集まっています。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング