教育費捻出にも使える死亡保険

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

教育費捻出にも使える死亡保険!

141452

死亡保険や生命保険は、子供の教育費や学費の捻出にも非常に役に立つ保険だといわれています。死亡保険は貯蓄性があり、のちのちに現金化することができる保険なのですが、では学資保険との違いはなんでしょうか。

学資保険は言うまでもなく子供の教育資金や学費を補助する目的で加入する保険です。では生命保険を教育費の捻出目的で利用する人はどういう理由からでしょうか。

死亡保険と学資保険の違いや特徴について学んでいきたいと思います。

 

子供の将来の教育費準備の鉄板!学資保険の特徴を解説

 

学資保険はその名前のとおり、学費や教育に関する費用を保障する保険です。子供の成長に合わせて保険料を払い込み、入園や入学に合わせて祝い金などの形で定期的に給付されるタイプのものや、大学などの高等教育進学時に重点的に保険金が給付されるものなどがあります。

子供が大学に進学する前での間や成人するまでの間が保険料支払の期間となることが多く、また契約者にもしものときがあったときは、保険料の支払い期間の途中でも月々の保険料の支払いが免除になることもある保険です。基本的には保険料を積み立てる貯蓄性のある保険です。子供の教育資金を堅実に準備したいと思うときにおすすめの保険商品だといっていいでしょう。

 

保険営業員が学資保険ではなく死亡保険の積み立てをすすめる理由

 

学資保険を組もうとして保険会社に相談したら「学資保険よりも終身の死亡保険を契約しませんか?」というように勧誘された人も多いでしょう。このように死亡保険は学資保険のかわりにすすめられやすい商品です。

学資保険は元本割れする可能性もあり、払戻率などが以外と低いというデメリットがあり、それよりは貯蓄性の高い終身死亡保険を学資保険の伴走車として利用おすすめする保険会社も多いのです。低解約型の終身や長期保険なら、保険料の支払い期間中は解約払戻金が少なくなるかわりに、保険料の納付期間が過ぎたあとであれば支払った保険料を解約金が上回るという大きなメリットがあります。

その時期と子供の進学時期がマッチするようであれば、そういた死亡保険を選択した方が賢明だということができます。

 

学費捻出にも向いている低解約型死亡保険を活用しよう

学資保険は子供の学費や教育資金を保障するのにメジャーな保険ですが、終身や長期型の定期死亡保険で学費保険のかわりができることを憶えておきましょう。

納付した保険料の返戻率も学資保険よりも有利になる可能性があり、貯蓄性も高く両親にもしものことがあったときにも対応できるので、どちらかひとつを選択するとなったら、死亡保険に加入することを選ぶ人も多いようです。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング