死亡保険の掛け捨てと貯蓄の違い

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

死亡保険は掛け捨てと貯蓄どう違う?

141717

死亡保険に加入する際に、掛け捨てタイプの保険と貯蓄タイプの保険があるのを知っていますか?死亡保障とひとくちにいっても、いろいろな目的で契約することがあります。
例えば一家の中心的な働き手が失われると残された家族は生活に苦しむことになります。それを回避するために死亡保障が利用されますし、また死亡保険がもつ貯蓄性を活かして契約する人もいます。
これらは「掛け捨て」や「貯蓄」というキーワードにヒントが隠されています。

 

保険料掛け捨てはムダじゃない!純粋は死亡保障が得られる死亡保険

「掛け捨て」という言葉は保険を組むものにとって少なからずネガティブなイメージを抱きやすいものです。死亡保険で代表的なのは、定期保険の掛け捨てタイプのものです。将来満期保険金が戻ってくるわけでもなく、解約払戻金があるわけでもありません。

しかし一定期間内に被保険者の死亡を保障するという目的においてはもっとも純粋でわかりやすい保険の形だということもできます。
また貯蓄タイプの終身保険よりも断然保険料は安いので月々の保険料の負担という意味では圧倒的にメリットが大きいということもできるでしょう。「家族を残しては死ねない!」「妻と子供が暮らしていけるように!」など愛する人を純粋に守りたい人におすすめの死亡保険です。

 

教育資金、老後の生活資金、葬儀費用!貯蓄型死亡保険の魅力

死亡保険は貯蓄性との関連性が高い保険といわれています。死亡保険の中でも終身保険を選ぶ人の中には、子供の教育資金や老後の生活資金、自分自身の葬儀費用に責任を持つために貯蓄性の高い終身保険を選ぶことがあるとされています。学資保険や年金保険のような使い方もできるというのが貯蓄性のある終身死亡保険の大きなメリットになります。

なにより一生涯の死亡保障が得られるというのが長い目で見れば安心できるポイントです。ただ当然のことながら、貯蓄性を持った保険というものは、掛け捨てタイプの保険よりも保険料が高額になります。この部分をどうとらえるかは人によってそれぞれですが、貯蓄性のある死亡保険がマルチな活用ができることは間違いありません。

 

掛け捨てと貯蓄タイプの保険はそれぞれ性質が違う!

掛け捨ての死亡保険と貯蓄タイプの死亡保険はそれぞれ性質が違います。

大切なのは、自分の人生にとって掛け捨てタイプの死亡保障が良いのか、貯蓄性の高い死亡保障が良いのかをよく見極めることです。純粋に死亡保障だけが心配なら掛け捨て保険を、保険料を積み立ててあとでどっさりと解約払戻金や一生涯保障が得たいなら貯蓄タイプです。
あとで後悔しないためにももっと死亡保障について学びましょう。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング