掛け捨てで負担額が少ない定期死亡保険

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

掛け捨てで負担額が少ない!定期死亡保険を解説

141711

死亡保険の加入を考えるときまずはじめに検討するといわれているのが、掛け捨ての定期保険でしょう。
定期死亡保険は終身保険と違って一生涯保険料を掛けるのでもなく、一生涯の保障が得られるのではなく、ある一定期間のみに保険を掛けて保障を得るものです。この日からこの日までに加入している被保険者が死亡すれば保険金がおりますよ、という保険です。
生命保険の中でも基本中の基本と言われている定期死亡保険を学びましょう。

 

NO貯蓄・NO解約!掛け捨ての定期死亡保険の基本

死亡保険では終身保険の人気が高く、加入者も多いといわれています。
それは貯蓄性も高く、解約したときに解約払戻金などがあり、単に死亡保障を得られるだけでない付加価値がたくさんあるからです。
逆に定期保険では、貯蓄性や解約したときのメリットというものはほとんどありません。支払っている保険料も基本的には掛け捨ての保険料ということになります。

逆に言うと貯蓄でもなく老後の資金でもなく、単純に被保険者が死亡したときにセーフティネットとして存在しているのが定期死亡保険と考えることができます。
子供が成人するまで、年金が支給されるまでなど一定期間を集中的に保障するのが定期死亡保険ということができます。

 

90歳以上には対応していない!現役世代にピッタリの死亡保険

定期死亡保険には基本的に、更新型と全期型というタイプがあります。

更新型は10年単位などで死亡保険に加入しながら、満期が訪れるとまた次の死亡保障に加入するという流れです。これは高齢になるほど保険料は高くなる性質があります。全期型は更新型と違いもっと契約期間が長く30歳から60歳までなどの間の期間を決めて加入する仕組みでこの間の保険料は同一で更新型のように上がることはありません。

どちらも一定の年齢まで達すると年齢制限があり、90歳以上は加入できなくなるといわれています。したがって定期死亡保険の性質を考えると、一生涯の保障が得られるということではなく、働く現役世代の万が一の死亡保障としておすすめするプランといえます。

 

定期死亡保険は生命保険の基本!なんといっても加入しやすい

定期死亡保険は終身死亡保険に比べてメリットが少ないと思われがちですが、実は死亡保険の中でも基本中の基本のプランであり、純粋な死亡保険と言い換えることができます。
「子供が独り立ちできるまで」
「60歳まではなんとか」そんなニーズにピンポイントで答えるのが掛け捨ての定期死亡保険です。

みなさんも死亡保険を考えるときは、まず定期保険から検討してみるといいでしょう。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング