医療保険と死亡保険の違い

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

医療保険と死亡保険はどちらに先に入るべきか

現在、何の保険にも加入していないという皆さん。元気なことはとてもラッキーなことです!いつ自分の身にどのようなことが起きるのかは、分かりません。そこで、まず1つでも良いので保険に加入することをオススメします。

今回は、定番の保険プラン「医療保険」「死亡保険」について、いったいどちらに先に入るべきなのかをご紹介していきます。家族構成、通院リスク、死んだ時のリスクなどをしっかりと考えた上で判断していきましょう。

医療保険と死亡保険の最大の違いを理解して!

医療保険と死亡保険、どちらに先に入るのかを吟味する前に、まずはそれぞれの保険プランにはどのような特徴があるのか理解しておく必要があります。これらの2つの保険の最大の違いは「誰のために入るのか」というところです。

医療保険は入院や通院リスクなどを見越して「自分のため」に入るものですが、その一方で死亡保険は、自分死んだ時のリスクが家族に振りかからないように「家族のため」に入るものです。この違いが分かれば、自然とどちらの保険を選ぶべきなのか判断出来るはずです。

独身なら医療保険、家族がいるなら死亡保険が優先

家族構成や性別によって、先に入る保険も変わってきます。もしもあなたが独身なら、入院1日あたり○○○○円、手術1回につき○○万円、通院1日あたり○○○○円など、もし病気になった時に給付される「医療保険」に先に入ることをオススメします。

しかしながら家族がいる場合で、特に性別が男性の方は「死亡保険」に先に入ることをオススメします。働き盛りのご主人が死んだ時のリスクというのは、残された家族にとって計り知れないものです。精神的にも金銭的にも苦労が振りかかってくるでしょう。

そこで自分にもしものことがあった場合、家族への負担を出来るだけ減らすことができるように既婚者には死亡保険に先に入ることをオススメしているのです。

まとめ

いかがでしたか?医療保険と死亡保険は、最もスタンダードな保険のプランです。自分の入院リスク・通院リスクをしか考える必要がない方は、医療保険に先に入るべきでしょうが、家族がいる場合は死んだ時のリスクを考えて死亡保険に先に入るべきです。

このように家族構成や状況を踏まえた上で、どちらの保険プランを優先すべきか考えていきましょう。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング