個人年金は若い20代から始めるべき理由

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

個人年金は若い20代から始めるべき理由

個人年金保険は老後のための備えなので、老後がそろそろ見えてきたころに始めたらいいやと思っている方もいることでしょう。また若いうちは子育てなどでお金に余裕がなく、どうしても個人年金をかけられないと思っている方もいると思います。もちろん契約可能年齢範囲内ならばいつでも加入できるのですが、できれば20代などの若いうちに加入することお勧めします。その理由について検討してみましょう。

 

受取る年金額が違う

50代の方が個人年金への加入を行うということが多いです。一時払いが出来ればいいのですが、一般的には個人年金は月払いです。月払いとなると、支払った保険料・払込期間がそのまま年金額として計算されることになります。つまり少しでも若い方が、より多くの年金を手にすることが出来るのです。そのために20代の若いうちから個人年金への加入をしておいた方がいいのです。

 

契約年齢別の払込保険料総額はどのくらい違うの?

例えば月額保険料が1万円で、戻り率が一般的な保険に加入した時の積み立て額の違いを県としてみましょう。25歳で加入した方と、34歳で加入する方とでは積み立て金額は100万円以上の違い、戻り率も7%以上の違いが出てきてしまいます。

そのために年金は総額で150万円ほど差が出てきてしまうのです。毎月1万円なので、10年間で120万円の保険料を支払ったとしても最終的には150万円の差が出てくるために、若いうちから加入するほうがお得なのです。毎月1万円を貯金すると思って、個人年金の保険料を捻出すれば、将来への大きな備えになることでしょう。

 

できるだけ早く始めて負担を減らす

できるだけ若いうちから個人年金の積み立てを始めることで、後で急に老後への備えを始めるということを避けられます。負担を軽減することが出来るのです。もちろん毎月の保険料を納めるのが厳しいと思うときもあると思いますが、強制的に行っている貯蓄と考えて保険料を頑張って支払いましょう。将来自分に跳ね返ってきますので、将来的にはやっていてよかったと感じることでしょう。

 

個人年金は若いうちから検討して

老後の備えというと50代から始めるというイメージもあるかも知れません。でもできるだけ早く始めることで将来への不安を減らせ、安心につなげることが出来るのです。個人年金を一人で選ぼうと思っても、保険の加入条件・内容は保険会社ごとに違って複雑です。そんなときには保険の知識が豊富なファイナンシャルプランナーに無料で相談できる保険相談サービスを利用してみましょう。わかりやすくプランを紹介してもらえます。

 


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング