個人年金は共済でも大丈夫?実は家計を圧迫せずに将来に備えられる安心の年金保険のひとつ!

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

個人年金は共済でも大丈夫?実は家計を圧迫せずに将来に備えられる安心の年金保険のひとつ!

年を取って公的年金だけでは生活が不安であると感じる方もたくさんいます。そこで個人年金を利用しているという方も多いのですが、保険会社から提供される個人年金ではなく、共済から出されている個人年金を検討しているという方もいると思います。共済の個人年金について詳しく見ていきましょう。

 

共済の個人年金とは?

共済とは少額の出資金を出して組合員となることで、利用することが出来る制度です。共済にも個人年金が用意されています。またその種類も豊富で、ほかの保険会社の個人年金との違いはないといってもいいでしょう。

共済の魅力としては、掛け金がほかの保険会社に比べるとリーズナブルであることです。保険会社は利益を出す必要がありますのが、共済はお互いを助け合うことを目的に作られたものであるために低い保険料で同じようなサービスを受けることが出来るのです。

 

共済の個人年金について

個人年金の制度や内容についての基本は、他社の年金保険などと同じといえます。ただ共済にもよりますが、共済は家族年金などの個人年金の分野で強いという特徴があります。万が一のことがあった時に家族に心配させたくない、安心をあげたいと思っている方にとって、共済の個人年金は魅力の多いものとなることでしょう。

 

共済でも大丈夫なの?

一番気になる点として、共済の個人年金でも老後の備えとして十分に安心できるものなの?というものがあると思います。

確かに掛け金などが低い、一般の保険会社のような経営体制が整っていないなどの心配点があると思います。しかし共済も加入するものによっては、一般的な保険会社と同等レベル、またはそれ以上の会員を抱えておりしっかりとした基盤を持っています。

そのために加入している共済の大元に何かあるのではない限り、心配はないといえるでしょう。もちろん一般の保険会社も倒産の心配はいつもありますので、同じといえるでしょう。

 

リーズナブルに掛け金を抑えたい方におすすめなのが共済

共済の最大の魅力はやはりその掛け金の低さです。家計を圧迫せずに将来への備えをしておきたいという方にピッタリの個人年金といえるでしょう。ただ共済といっても、様々な組合から出されています。その中から納得できるものを選ぶためには、保険の知識が豊富なファイナンシャルプランナーに無料で相談できる保険相談サービスを利用してみましょう。加入条件などわかりにくいことを説明してくれます。

 


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング