個人年金保険の保険料をまとめて納める一括払いで注意するべきポイント!

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

個人年金保険の保険料をまとめて納める一括払いで注意するべきポイント!

個人年金保険の保険料は通常毎月支払っていくものですが、その他に月々保険料を支払うプランに比べて割引率、戻り率が高い一括払いという方法があります。

一括払いとは、保険料を一括で支払うことは一時払いと同じですが、一時払いの場合は支払った保険料全てが保険会社に払い込まれたことになるのに対して、一括払いの場合は全期前納という形式で保険会社が払い込まれた保険料を預かり、月々預かった保険料の中から保険料を保険会社に納めるという方法を取ります。

支払い方法は同じですが、割引率、税金などには違いが出るのでしょうか?

 

個人年金保険一括払いの割引率と保険料控除について

個人年金保険一時払いは、全ての保険料をまとめて保険会社に納めることになるので、高額な保険料を短い払込期間で支払い、その保険料を運用する期間が長くなる為、最も割引率が高く、その次が個人年金保険一括払い(全期前納)という支払方法です。

ただし、個人年金保険一時払いの場合には、保険料を支払った年に生命保険料の控除が受けられるだけで、個人年金保険料控除を受けることはできません。

個人年金保険一括払いは、個人年金保険一時払いより割引率は低いのですが、毎年個人年金保険料控除を受けることができます。

 

個人年金保険一括払いで注意するべきポイント

個人年金保険一括払いでは、運用期間が短いため途中解約をすると、解約日以降の保険料は返金されますが、解約する時期によっては支払った保険料より返戻金の方がはるかに少なくなってしまう可能性が高いということを覚悟しておく必要があります。

長年に渡り月々保険料を支払ってきた場合、支払った保険料より多くの解約返戻金を受けられることもありますが、一括払いの場合には元本割れすることがほとんどです。

加入を決める時には、満期までの期間にまとまったお金が必要となった時に個人年金保険を解約しなくてもまとまったお金を用意できるかということも検討しておく必要があります。

また、急激な物価の上昇が起った時には、受け取れる年金の価値が下がってしまうというリスクがあるということも、一括払いの加入前には知っておきましょう。

 

個人年金保険の一括払いの現状

ここ数年は超低金利によって一括払いの年金保険の値上げや販売停止が相次いでいる状況なので、有利な個人年金保険の一括払いプランを見極めることは難しいと思われます。

高額な保険料を一気に支払う保険ですので、損をすることのない保険プランを選ぶ為に保険の知識が豊富なファイナンシャルプランナーに無料で相談できる保険相談サービスを利用してみましょう。

 


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング