民間の生命保険や医療保険と共済の違いは何?

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

民間の生命保険や医療保険と共済の違いは何?

いざ保険を選ぼうとしたときみなさんどこの保険に加入しようか迷いませんか?大金を支払うんですから、どんな種類の保険がお得で自分に適したサービスか理解した上で保険を選びたいですよね。そこで今回は保険と共済にはどのような特徴があるのか確認しながら、共済と民間の生命保険や医療保険との違いを見ていきましょう。知っておいて損はない、この保険と共済の違い3分解説しちゃいます。

 

共済の仕組みは一般的な保険と変わりらない?

共済は「共同組合で運営する保険」のことで、具体的には生協が運営しているコープ共済、全労済が運営するこくみん共済などが有名なところですね。皆さんも耳にしたことがあるんではないでしょうか。

共済は民間企業の営利目的で運営している保険とは違い、組合員同士の相互扶助を目的とした非営利目的でおこなっている事業なので、一般的な保険と違い割安の保険料で保障を受けられる特徴があります。料金は安いですが、保障範囲も一般的な保険と変わらず死亡保障や入院保障など基本的な保険商品と遜色ありません。共済のもう一つの特徴は、生保関連の保障以外にも自動車保険や火災保険などの損保商品も用意しているところです。

 

共済に加入する条件は?

共済は共同組合の運営する保険ですので当然組合員以外は加入できません。組合員になる為には出資金と言われるお金を組合に収める必要がありますが、ほとんどの組合では1口100円の出資金を2口以上や10口以上など、大きな出資をせず組合員になれます。出資金を支払い無事組合員になれば月々数千円の安い掛け金で一般てきな保険と変わらない保障を受けることができます。

 

共済でも十分な保障は得られるの?

保障額に関しては組合毎に金額の差異はありますが、どこの共済も十分な保障が必要な方に向けて民間の生命保険と同様の死亡保障や医療保障に特化した商品もあり、基本的な仕組みは民間の生命保険の終身保険、定期保険と変わりはありません。また、年齢や男女の違いによって掛け金が異なる入院保障に特化した医療共済もあります。

さらに共済は決算時に余剰金が発生すると割戻し金と言って組合員にお金が還元される仕組みがあります。つまりただでさえ安い掛け金が決算の状況次第ではもっと安くなる場合もあるんです。
お得な掛け金で保障内容も条件によっては十分な保障を受けれるのが共済のいいところですね。

 

 

共済は安くいい保証のものも多いので検討の余地あり

保険会社はこぞって商品をブラッシュアップし、少しでも他社よりいい保険をリリースしているのでいいものも多いのですが、共済も値段が安い割りに十分にいい保証の保険も多くあります。生命保険や学資保険など様々な保険がありますので一度除いてみてはいかがでしょうか。

 


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング