健康保険をよく理解して医療保険を活用しよう

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

健康保険をよく理解して医療保険を活用しよう

日本は国民皆保険を導入しているために健康保険は保険料を支払えば、誰でも加入できるものとなっています。そのために医療費などが健康保険のおかげでかなり抑えられています。

健康保険があるのに、どうして医療保険に加入しなければならないの?とおもう方もいると思います。 健康保険をよく理解することで医療保険をもっと上手に使えるようになります。

 

健康保険について知る

健康保険は所得に応じて保険料が決められています。運営主体は市町村・会社・組合など様々ですが、健康保険の内容はどこでも一緒になっています。多くの場合で医療費の負担が3割になります。また年齢や収入によっては1割負担で医療費を済ませることが出来るケースもあります

ほとんどの治療が健康保険でカバーされるために、日本では気軽に病院を訪れることが出来るようになっています。

 

どうして民間の医療保険が必要なの?

ではどうしての民間の保険会社運営の医療保険が必要になるのか?ということになります。健康保険でほとんどの医療費をカバーすることが出来るとはいえ、治療が高額になってしまったときには3割でもかなりの負担に感じることもあります。

さらに受ける治療によっては健康保険の適用対象外のものもあります。この場合は全額自己負担となってしまい、負担を大きく感じてしまうことでしょう。入院中の食費、差額ベッド代、先進医療の技術料などは健康保険ではカバーされません

 

健康保険でカバーできなかったものを医療保険がカバー

日本では健康保険の基本の保障となっています。しかし医療保険を基本の保障とみなしている方も多く、無駄な保険を契約しているケースも少なくありません。しかし医療保険は健康保険ではカバーできない部分を補う保険です。

しっかりと健康保険の役割を認識していないと、実は保険料の払い過ぎを招いてしまってることも多いのです。本当に必要な保障が何か?ということを検討して、医療保険を利用していきましょう。

 

医療保険のバランスを見直してみて!

健康保険はとても優れた保障制度です。健康保険があればほとんどの治療を3割負担で受けることが出来ます。でももしもの時を考えて、万全な備えをしておくために医療保険を併用することが出来ます。

まずは保険の知識が豊富なファイナンシャルプランナーに無料で相談できる保険相談サービスを利用してみましょう!相談することで必要な保障と不必要な保障が何であるかが見えてくるかもしれませんね。

 


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング