インフルエンザでも医療保険の適用になります

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

インフルエンザでも医療保険の適用になります

インフルエンザになったことがあるという方は多いのではないでしょうか?インフルエンザになっても、医療保険を利用できないと考えてしまう方が多くいますが、インフルエンザでも医療保険を利用することは出来るのです。詳しく見ていきましょう。

 

インフルエンザで医療保険を使うための条件とは?

インフルエンザで医療保険を利用するためには、医療機関でインフルエンザと診断されることが条件となります。

保険適用となる医療行為は、インフルエンザであることを調べる検査、またインフルエンザであることが確認された際に投薬される抗インフルエンザの薬代となります。たとえインフルエンザではないと検査の結果わかったとしても、保険適用の対象であるために自己負担割合だけの支払いだけでいいのです。インフルエンザだからと言って病院に行くのをためらう必要はないのです。

 

インフルエンザの予防は保険適用外

インフルエンザの治療に関しては、医療保険は適用されるのですが、インフルエンザの予防接種は保険適用外となっています。これがインフルエンザの治療が保険適用外と勘違いしてしまう原因ともなっているといえるでしょう。

そもそも予防接種は医療行為とみなされません。そのために保険の適用がないのです。すべての費用を自己負担しなければなりません。インフルエンザには思っている以上の費用がかかってしまうこともありますので、注意しておきましょう。

 

新型インフルエンザには民間の医療保険が使えるの?

新型インフルエンザ、通常のインフルエンザに関係することなく、治療のために入院すれば入院日額給付金が支給されることになります。つまり民間の医療保険の適用は、入院するか否かにかかっているといえるでしょう。

また保障適用開始がいつからかも関係あります。インフルエンザなどは短期の入院になることが多いので、日帰り入院、1泊2日などの短期にも対応している医療保険であれば、給付金を受けとることが出来るでしょう。

 

インフルエンザ対策には短期の入院でも給付される医療保険を選ぶ

インフルエンザで医療保険から給付金を受け取りたいのであれば、短期の入院でも給付される医療保険を選ぶ必要があります。自分の希望に合っている保険を見つけるためには、保険の知識が豊富なファイナンシャルプランナーに無料で相談できる保険相談サービスを利用してみましょう。できれば複数のサービスを利用することで、もっと多くの情報を手にすることが出来るでしょう。

 


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング