医療保険の保障はいくら必要なの?目安にしたい額とは?

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

医療保険の保障はいくら必要なの?目安にしたい額とは?

医療保険に加入するにあたり、どのくらいの保障額にするかを決める必要がありますね。でもどのくらいの保障が必要なのか?ということを、どうやって知ることが出来るでしょうか?目安となる額について考えてみましょう。

 

医療保険の本来の役割

医療保険は基本的に公的保障でカバーされなかった自己負担額などの不足分を補足するためのものです。医療保険は治療を受けたときに社会保険で足りない部分をカバーするために加入するということを、まずは覚えておきましょう。というのは、実は医療保険の目的を見落としている方も多く、必要以上の保障に加入していることもあるからです。

 

医療保険で重要なのは何でしょうか?

医療保険で大事になってくるのが、①入院日額保障②入院保障日数です。

今一般的に得られている医療保険の保障内容としては、入院日額保障1日当たり5,000円~10,000円、入院保障日数は100日ほどとなっています。入院というものは長くなればなるほど、お金がかかってしまいますね。では具体的にはどのくらいのお金がかかるのでしょうか?

自己負担は3割として、 普通の入院をする際に必要な金額は1か月で83000円ほどです。手術をしてもしなくても、高額医療制度があるために、ほとんどの場合は83000円になることでしょう。これを1日当たりの自己負担額に直してみると、2,800円程度になります。

つまり治療費の不足分を補うためだけであれば、日額3,000円の保障で十分であるということがわかると思います。

 

医療費以外の自己負担分はいくら?

医療費意外にも入院をすることで必要になる費用は、食事代として1日780円程度、雑費として1,000円程度、差額ベッド代が0円~7,500円となります。合計で考えてみましょう。ベッド代を利用しないのであれば3000円+780円+1000円=4780円ほどになります。

余裕を持って5,000円で十分に保障は足りるといえるでしょう。

 

自分に合っている医療保険を選ぶためには?

基本的な入院に備えるのであれば、日額5000円程度の保障で十分であるといえるでしょう。もちろんどれくらいの保障を望むかは、個人で違います。どのような保険が自分に合っているのか?ということを、自分だけで考えるのは意外と大変です。保険の加入条件は保険会社毎に異なり、審査の厳しい会社や緩い会社など特徴は様々だからです。

そこで保険の知識が豊富なファイナンシャルプランナーに無料で相談できる保険相談サービスを利用してみましょう。プロのアドバイスを聞くことができ、役立ちます。

 


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング