医療保険と生命保険の違いは?目的別の選び方を覚えて自分に合った保険を選ぼう!

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

医療保険と生命保険の違いは?目的別の選び方を覚えて自分に合った保険を選ぼう!

身近な保険である、医療保険と生命保険。名前もイメージも似ていますが、実はこのふたつは全くの別物。しかし、一般の人にとってはなかなか区別しにくいもの。ここでは、医療保険と生命保険の違い、そして医療保険と生命保険をうまく使い分ける方法についてご説明します。長い人生、何が起きるかわからないもの。今の自分に必要な備えを知り、考えておくことで突然の出来事にも対応することが可能です。

 

医療保険と生命保険の違いとは

保険とは、病気や怪我などの備えのために加入するもの。この点に関しましては、医療保険、生命保険どちらも同じ役割ですが、異なるのはその中身。

  • 生命保険「病気や怪我によって死亡した際に給付金が出る保険」
  • 医療保険「病気や怪我によって入院や通院、手術をした際に給付金が出る保険」

「死亡」という文字が関係する保険は、全て生命保険です。

 

遺族の生活・葬式代を考えるなら生命保険

保険の種類を選ぶなら、まずは一体何の目的のために保険給付金を使いたいのか、というところから逆算して考えましょう。例えば残された家族のため、自分の葬式のためであれば生命保険がベストです。

家族が死亡するという事実は辛いことですが、それでも住宅ローンや生活費は今までと同様、残された遺族が支払う必要があります。一家の大黒柱を亡くした場合などは、重い負担となることも。生命保険は、そんな万が一の状況に対応してくれる保険です。

 

病気や怪我になった場合の医療費や生活費を考えるなら医療保険

日本では、健康保険という制度がありますから、最大でも医療費の負担は3割、一ヶ月の医療費が一定額を超えた場合も返還される仕組みです。しかし、だからといって医療保険は不要であると考えるのは考えもの。

差額ベッド代や先進医療は個人負担ですし、病気や怪我で仕事ができない場合の生活費についても考える必要があります。国民健康保険ではカバーしきれない自己負担分の支出の支えになってくれる保険が医療保険といえます。

 

今の自分の状況に合った保険への加入を

ここでは、医療保険と生命保険の違い。そして、医療保険、生命保険それぞれの使い分けについてご説明しました。給付金の額や毎月の保険料だけでなく、今の自分の備えに足りないもの、今後必要になるものを考え、保険を選ぶということが重要であるとご理解いただけたのではないでしょうか。

しかし、一人で情報を整理し、考えるのはなかなか難しいもの。そんな時は、保険の知識が豊富なファイナンシャルプランナーに無料で相談できる保険相談サービスを利用しましょう。今のあなたにとってベストな保険が見つかるはずです。

 


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング