アルコール依存症と医療保険について

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

アルコール依存症と医療保険について

アルコール依存症を治すために、入院をすることになるケースもあるでしょう。このような場合に、医療保険から給付金を受け取ることが出来るのでしょうか。またアルコール依存症の人が医療保険に加入することは可能なのでしょうか。調べていきましょう。

 

アルコール依存症の入院と医療保険

アルコール依存症のための入院でも、一般的には治療目的の入院である限りは医療保険の適用が認められます。ただ注意しておきたいことは、アルコール依存症の発症が医療保険を契約した後なのか?それとも契約前にすでに発症していたのか?という点です。

契約後の発症のケースは、問題なく給付金を受けとることができます。しかし契約前の発症であることが確認されたのであれば、保険の適用は認められません。それだけではなく告知義務違反、詐欺などとして、契約解除に至ることもあります。

 

アルコール依存症でも医療保険に加入できるの?

アルコール依存症は精神的な疾患とみなされます。最近では持病・疾患を持っている方でも加入することが出来る医療保険も増えてきました。ただし保険料が一般の方に比べると2倍ほどするために、割高になってしまっているのですが、加入自体はできるようになっています。

また様々な保険会社が同じような商品を出しているために、競争が起こり価格もリーズナブルなものになってきつつあります。アルコール依存症で苦しんでいる方は、万が一の時のために備える意味でも医療保険への加入を検討してみてください。

 

しっかりと保険会社への確認をしましょう

アルコール依存症の治療のための入院であれば、保険は適用されるのですが、保険会社や保険の内容によっては適用外となることもあります。いずれにしても確定的なことは保険会社に直接確認するしかありません。契約する前に、しっかりと確認しておくことをおすすめします。

 

アルコール依存症の方が加入したい医療保険探しのためには?

アルコール依存症という精神的な疾患を抱えている方でも加入できる保険が増えてきているとはいえ、加入条件や内容はそれぞれの会社によって違っています。

自分一人でたくさんある商品の中ら1つを選ぶのはなかなか大変です。そこで保険の知識が豊富なファイナンシャルプランナーに無料で相談できる保険相談サービスを利用してみましょう。
プロが適切なアドバイスを与えてくれるので、より自分の疾患に合っている保険を選ぶことが出来るでしょう。

 


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング