子供二人目で学資保険を考える時は、兄弟割引も含めて新しく考え直そう!

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

カテゴリー:学資保険

学資保険を契約する際、払込免除は大切な要素!自分が亡くなっても子供を守れる保険のひとつ

どんな親でも子供が成長して、進学・就職・結婚など人生のあらゆるステージを見ることが出来ると思っています。しかしながら、現実はそうではありません。もしかしたら、自分の意思とは全く関係なく子供をこの世に残して亡くなってし...   続きを読む

学資保険を安い掛け金で契約する方法!一括払いや短期間払いも視野に入れて、各社が得意なプランを知ることが大切

「学資保険は、子供の将来のために必要な保険」、「学資保険を掛けておくと、将来的に子供がどんな道に進みたいと言っても安心」と、学資保険の重要性について理解していらっしゃる親御さんはたくさんいます。しかしながら、マイホー...   続きを読む

学資保険に入る時は保険全体を見直ししよう!死亡保障と学資のバランス、返戻率をさげないコツ

学資保険は、加入する目的によって2種類に分けることができます。 貯蓄を最優先にすべきか、保障を付けたいと思うかによって月々の支払い金額や満期になって受け取る金額が変わってきます。家庭における他の保険(死亡保障、...   続きを読む

子供が産まれたら学資保険に育英年金をプラスするべき?

今までは万が一自分が病気をした時や入院した時に備えて、保険に加入していたという方も、子供が産まれたら家族のことを第一に考えて行かなければいけません。「子供が進学する時に、金銭的に心配のないようにしたい」、「自分に何か...   続きを読む

学資保険を無駄にしてしまわないために考えること!返戻率を基本としてシンプルに比較しよう。

学資保険は一度契約をすると毎月自動的に支払いされていき、一定の年数までお金を受け取ることができません。日頃の生活費は、支払った金額を省いた金額で自然と計算されるようになり、思っていたよりも学資保険の支払いがダメージに...   続きを読む

学資保険で相続税がかかる場合は?祖父母が孫のために契約、受け取り者を親にしている場合は注意が必要!

日頃の不景気のせいで、子供が産まれても貯金ができない親が増えてきています。若い夫婦の多くは日々の生活をいっぱいいっぱいで過ごしており、学資保険に契約すれば月に1万円の支払いで満期になったら教育資金が返ってくるのですが...   続きを読む

学資保険の元本保証にこだわる!生命保険と学資の特約が被っていないかよく確認を!

学資保険は貯金を目的にしているため、預けたお金以上のものが返ってくるのが通常ではありますが、特約を付ける、受け取り期間を複数にするといった契約にすることで元本割れする可能性があります。元本保証にこだわらず、特約がある...   続きを読む

学資保険の受け取り。満期金の一時所得なら所得税はかからず、年金タイプの雑所得なら税金がかかる!

学資保険の受け取り金額には税金がかかります。しかし税金がかかる限度になるケースは少ないために意識する機会が少ないのではないでしょうか。学資保険を一括受け取りにする場合や、祝い金として受け取る場合には一時所得になります...   続きを読む

生存保険金付学資保険について

生存保険金とは被保険者が生存している時に受け取れる保険料のことです。学資保険にも生存保険金付の商品は多くあります。これだけ聞くと何かややこしいイメージを持ちますが、要は入学などの節目に祝い金を引き出す事ができる制度の...   続きを読む

学資保険の特約を最大限活かすためには元本割れせず、免除特約があるものを選ぼう!

学資保険は定期預金と比較してもかなりお得な貯蓄ツールと言えます。戻ってくるお金を返戻率として表すのですが、110%〜120%となっているものが多く、教育資金の貯蓄として非常に適しています。学資保険には特約を付けれるも...   続きを読む

子供二人目で学資保険を考える時は、兄弟割引も含めて新しく考え直そう!

一人目の子供が産まれた時に考える学資保険の方法は、そのまま二人目に通じるとは限りません。二人の子供の年齢差や今の収入と合わせて二人目の学資保険を検討する必要があります。実際に一人目の学資保険で経験したことを踏まえて、...   続きを読む

学資保険と国債の比較とメリットについて

一般的に教育資金の貯蓄については、学資保険を思い浮かべる人がほとんどではないでしょうか。学資保険は、各保険会社のサービスも増え、支払い続けることへの安心感があります。一方、お金を貯めるという意味では国債も同じですが、...   続きを読む

学資保険には借入れ制度があるって知っていましたか?万が一の時に利用できることを知っておこう!

貯蓄型である学資保険には、借入れ制度が付いています。払い込みをした金額を一時的に借入れすることができ、銀行や消費者金融などのローンよりも低金利で利用することができます。せっかくお金を払込したのに借入れをしたくないと思...   続きを読む

学資保険は祝い金ありなしで活用法が変わる!ただし祝い金で分割受取りと満期で一括受取りでは総支給額が変わる点に注意しよう。

返戻率が110%を超えるものも多く、支払った金額以上のお金が返ってくるとあって、子供が産まれたら多くの親が学資保険への加入を検討します。貯蓄型の学資保険は、毎月支払った金額を大学入学時などに返してもらう制度ですが、0...   続きを読む

学資保険に医療保険の特約を付ける場合は返戻率が下がらないことをチェックして

学資保険には、医療保険の特約を付けることができます。教育のための貯金とセットになっているものですので、保険サービスの付加価値と言えますね。学資保険を比較した際、特約が無ければ返戻率と支払われる年齢の差くらいでしか保険...   続きを読む

孫のために学資保険に入ることはができます!

子供が産まれてすぐは収入も多くなく、自分の親に頼ることも多いことでしょう。自分の親からみれば、孫に対しては甘くなるものであり、子供には何も買ってこなかったおじいちゃん、おばあちゃんが、いろんなものを揃えてくれるように...   続きを読む

学資保険と定期預金の金利はどちらがお得?現在は定期預金のメリットほぼなし!学資保険こそ貯金の一部と考えよう!

学資保険を貯蓄と考えて契約を検討する場合には、定期預金の金利とどれくらいの差があるのか気になるところです。学資保険の利回りと定期預金の差、またそれぞれのメリットとデメリットについてまとめます。これからお子さんが進学し...   続きを読む

学資保険と投資信託の違いについて

学資保険と投資信託のメリット 学資保険に入らなくても利回りが良い貯蓄ができると考えている家庭もあります。それが投資信託です。投資に疎い人や抵抗がある人が多いため検討する機会が少ないのですが、投資信託と学資保険と比較...   続きを読む

学資保険の月額費用はいくらが相場?もらえる値段で変わる月額を、子育ての必要資金から計算してみよう!

学資保険にかかる費用の相場は、毎月1万円〜2万円が平均です。受け取る金額を多くしたければ支払う金額を増やせば良いのですが、その分家計への負担も増えることになります。学資保険を受け取りたい時期と金額だけでプランを決めて...   続きを読む

共済の学資保険は高返戻率!?おすすめのJA共済のこども共済「すてっぷ」

ソニー損保の学資保険などと必ず比べられるJA共済のこども共済「すてっぷ」。実際の掛け金などを調べていきましょう。   JA共済のこども共済の注意点は「養育年金特則付」かどうか ホームページでJA共...   続きを読む

学資保険に贈与税、所得税が発生する?学資保険の受取人の設定は必ず支払者にしてください!

契約時に注意しておかなければ受取り金額に税金が発生することがあり、掛け金よりも受取り金額が下がってしまっては学資保険の魅力がなくなってしまいます。これは受け取った保険金に所得税が発生するのか、贈与税が発生するのかによ...   続きを読む

学資保険はクレジットカードで支払うのがお得!保険で毎月ポイントゲット!

学資保険であれば、高校入学時や大学入学時にまとまった保険料を受け取ることができるだけでなく、病気やケガに対して備えることもできます。学資保険をお得に利用するためのクレジットカード利用についてご紹介します。 &n...   続きを読む

学資保険の一時払いはお得?メリットとデメリットについて

学資保険に対して毎月保険料を支払い積み立てていくものというイメージを持っている人は多いもの。しかし、学資保険の保険料にも一時払いがあります。 基本的に他の保険では、一時払いをするとトータルの保険料が安くなったり...   続きを読む

離婚したら学資保険はどうなる?離婚の際の学資保険の行方とは!?

子供が生まれ、学資保険に加入した際には考えていなかった「離婚」。しかし夫婦の間には何が起こるかわかりません。一般的に夫婦の共有財産は、離婚の際に分け合うことになりますし、養育費などは話し合う機会も多いですが、学資保険...   続きを読む

学資保険の加入率は?加入した人しなかった人の理由も知っておこう!

学資保険の加入を検討するときに、周りの人がどれくらい学資保険に加入しているのか気になるという人は多いのではないでしょうか。子供の教育資金のための学資保険。加入するかしないかでいえば、したほうがよさそうだけれど、そんな...   続きを読む

学資保険の選び方!選ぶための3つのポイントは「払い込み完了年齢」「満期金を貰う年齢」「契約者」

学資保険を選ぶ際に、何をポイントにすればよいのかわからない。これは、一般的に多くの人が考える悩みではないでしょうか。返戻率の高い商品を選ぶのは基本として、満期の時期や払い込みの年数に関しては、こうすればよいという決ま...   続きを読む

学資保険とは?その内容とメリットデメリットを教えます!

生命保険や医療保険とは、名称も雰囲気も異なる学資保険。しかし学資保険とは一体どのような保険を意味しているのか、一般の人にとってはなかなかわかりにくいもの。子供のための保険?教育費専門の保険?など、人によって抱いている...   続きを読む

子供の教育費はどうやって確保するべき?学資保険以外の方法は?

大学入学などのまとまった資金が必要になる時に備えて子供の教育資金を貯蓄する為の貯蓄型学資保険、親に万が一のことがあった時にも、子供が十分な教育を受け続けられる為の保障型学資保険は、子供の将来の為に必要不可欠な保険なの...   続きを読む

子供の将来に備えて必要なのは学資保険?生命保険?

子供が誕生すると、子供が独り立ちできるまでの間に親に万が一のことがあった場合、子供が生活に困らないように、子供が継続して十分な教育を受けられるようにと保険に加入することを検討されることと思います。 子供を守る為...   続きを読む

学資保険を解約した場合、解約返戻金は受け取れる?

子供の教育費、主に大学にかかる費用に充てる為に加入し、長期間に渡って保険料を支払い続ける保険が学資保険です。妊娠中から加入できる学資保険もあるので、ご家庭によっては20年以上学費保険を支払い続けるケースもあります。 ...   続きを読む

学資保険の満期保険金の使い道は?必要な資金を知って有効に使おう

保険に加入後長年に渡って保険料を支払い続け、契約時に定めた時期に受け取ることのできる満期保険金ですが、学資保険では満期保険金をどのように利用する目的で契約することが最も有意義であり、有利になるのでしょうか? 満期保...   続きを読む

学資保険の利率が変わる条件は「支払い方法」「受取り方法」「保険プラン」

学資保険は全般的に利率が低い保険ですが、支払い方法と保険のプランの選び方によって利率を高くすることもできます。学資保険に加入する目的と家族構成や家庭の経済状態に応じた学資保険はどのようなプランの学資保険なのでしょうか...   続きを読む

学資保険の支払い方法は一時払いと全期前納(一括払い)がある!一時払いと一括払いは違った!

学資保険の支払い方法には一般的な月払いの他に一括で支払う一時払いと一括払い(全期前納)という支払い方法があります。 子供の教育の為に家計から捻出する保険料ですので、同じ保険料を払うのであれば少しでも有利な方法で...   続きを読む

支払いが苦しい!でも学資保険を解約しないための方法「満期額を減額」「自動振替貸付制度」

子供の教育資金のために加入した学資保険。学資保険は、とても長期的な保険です。0歳の頃に加入して、短くても15歳、長ければ18歳という期間払い続けるわけですから、途中に何が起きるかわかりません。様々な事情により、保険金...   続きを読む

学資保険はやっぱり必要!その3つの理由とは

子供の教育資金として、おすすめされることが多い学資保険。子供がいる世帯での加入率は6割をキープしており、高い人気がある保険です。 しかし学資保険は本当に必要な保険なのか。他の保険の方が良いのではないかという意見...   続きを読む

学資保険の保険料も控除が可能、控除の仕方教えます!

あなたは学資保険の保険料にどのようなイメージを抱いていますか?積立だから、保険というイメージがないという人もいるかもしれませんが、学資保険も生命保険や医療保険と同じ、れっきとした保険。 つまり、保険ということは...   続きを読む

学資保険に加入できるのはいつからいつまで?早いほうがお得!子供ができたら考えよう!

子供の教育資金のための学資保険。しかし、一体いつから加入するのがベストなタイミングなのか、悩む保護者の方は多いもの。ここでは、学資保険にいつから加入できるのか、その時期と、早く加入することによるメリットをご説明します...   続きを読む

学資保険の保険相談について

子供がいる家庭の場合、この先小学校に入学し、中学、高校と進んで更には大学や専門学校を考えていかなければなりません。入学時に支払わなければいけない入学金以外にも、学校で利用する教材やクラブ活動で利用する道具などの費用は...   続きを読む

管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング