学資保険とは?その内容とメリットデメリットを教えます!

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

学資保険とは?その内容とメリットデメリットを教えます!

生命保険や医療保険とは、名称も雰囲気も異なる学資保険。しかし学資保険とは一体どのような保険を意味しているのか、一般の人にとってはなかなかわかりにくいもの。子供のための保険?教育費専門の保険?など、人によって抱いているイメージも様々です。ここでは、学資保険とは一体どのような保険なのか、そしてその内容とメリット、デメリットについて解説しています。学資保険加入を検討する前に、まず学資保険の内容について知っていきましょう。

 

学資保険とは?

「学資保険」という名前からもイメージされるように、学資保険とは子供の教育資金を貯めるために加入する保険です。例えば、子供が生まれたと同時に加入し、大学受験の18歳の段階で満期保険金を受け取り、大学の入学金に補填するという風に、ライフプランに合わせて考える必要があります。ただし、学資保険という名前ではありますが、必ず学費などの教育資金に使わなければいけないというわけではありません。利用方法に制限はありません。

 

子供の教育資金は年々増加中

学資保険は子供の教育資金という図式は、今も昔も変わりません。専門学校、大学、留学など将来の選択肢は広がる一方。赤ちゃんの頃には、子供がどのような未来を選ぶのか予測はできませんが、その一方でどのような未来を選んだとしても、親としてできる限りのサポートをしたいと考えている人は多いのではないでしょうか。そしてわからない未来のために、今から備えることができるもっとも大きなものといえば教育資金。学資保険に加入することで、毎月コツコツと積み立てることが可能です。

 

低金利の時代でも貯蓄性の高さが魅力

現在のように低金利時代では、銀行預金ではあまりメリットがあるとはいえません。積み立てるという行動は同じですが、やはり折角なら積み立てた金額+αの部分もあれば嬉しいと思うのが人間心理。学資保険の加入内容や、保険会社のプランによって変動があるため一律いくらとは言えませんが、高いものであれば10%近い金利となることも。この低金利時代に、10%の金利がつくこと。そして、途中で解約しなければ確実に得られるということは大きなメリットといえます。

 

生命保険の側面を持つ学資保険もアリ

毎月保険料を積み立てていき、満期になった際にまとまったお金を受け取ることができる学資保険ですが、通常の医療保険や生命保険のように病気や怪我、死亡にも対応しているものもあります

他にも、契約者である親が亡くなった場合には、その後の保険料の負担がゼロになり、最初の契約どおり満期時期には満額振り込まれるシステムですし、逆に子供に万が一のことがあった場合は、今まで払い込んだ保険料が返金されるなど、一般的な保険に比べて学資保険ならではのシステムも多数存在します。

 

学資保険のメリットは、教育資金の積立だけではありません

学資保険と聞くと教育資金のイメージが強いかもしれませんが、いざ保護者に何かあったときに、子供が自分で生きていくためのサポート的な意味合いも強いもの。払い込み保険料の免除だけではなく、子供に育英年金が支払われるタイプの学資保険もあります。

親子ともども、健康であり続けることが理想ではありますが、現実には何が起こるかわからないもの。万が一のことを想定して加入するのが保険です。学資保険への加入を検討する際は、教育資金という一面だけではなく、様々な角度から子供の成長に関する費用を考える必要があると言えるでしょう。

 

学資保険のメリット

子供の教育資金の為なら、子供の教育資金用の銀行口座を作り貯蓄しておくという方法もありますが、その方法に比べた時の学資保険のメリットとはどんなことがあるでしょうか?

最も大きいメリットは、親が突然亡くなってしまい、保険料を継続して支払うことが不可能になってしまった場合、給付金は初めの契約のまま受け取ることができ、保険料の支払いは免除される為、親を失った為に教育の道を塞がれるというような悲劇を避けることができるということです。さらに給付金に加えて学資保険が満期になるまでの期間中育英金を受けられる育英年金付の学資保険というプランもあります。

もう一つのメリットは学資保険で受け取る給付金の受取人を契約者である親にしておくと、ほとんどの場合所得税がかからないということです。今までに支払った保険料の総額より給付金の額が50万円以上であった場合には、一時所得として課税の対象になりますが、50万円を超えないプランであれば、課税の対象にはならないのです。

また、学資保険は親が死亡保険に加入していない場合には一般生命保険料控除の対象になり、年度ごとの控除額はそれほど大きな額ではありませんが、長期間保険料を払い続ける為、毎年控除される額を加算するとかなり節税できることになります。

 

学資保険のデメリット

育英金付きの学資保険など、いざという時の為の学資保険を保証型学資保険の場合、貯蓄性が低く、返戻率が100%を下回ることもあります。また、親が死亡保険に加入している場合、一般生命保険料の控除の上限を上回ってしまう、保険の保障内容が重複してしまうといったデメリットもあります。

 

子供のための学資保険が不要な人とは

子供の教育費のための学資保険。メリットもありますが、中には学資保険が必要ないという人も存在します。たとえば既にしっかりとした蓄えがある人。この場合はあえて更に学資保険に入る必要はないですし、学資保険で貯めるのではなく株などの金融関係を増やしながら貯めていきたいという人も、不要と言えます。問題は学資保険の加入の有無ではなく、子供の教育費をどうやって準備するのかという点。既に準備ができている人や、別の方法で準備することを決めている場合は、学資保険は不要といえます。

 

学資保険とは何か、詳しく知りたくなったとき

ここでは、学資保険とは何か。そしてその内容やメリットについて、簡単にご説明しました。学資保険の大まかなイメージはつかめたかもしれませんが、ひとことで学資保険と言っても、医療保険や生命保険のような役割を担っているものも多く、また会社ごとにより細かく分かれているのも事実。

学資保険とは何か、また、今の自分と子供にとってもっとも必要な学資保険は一体どのようなプランか、より詳しい内容が知りたくなった場合は、信頼できるファイナンシャルプランナーに無料で相談できる保険相談サービスをご利用ください。数多くの学資保険の中から、今のあなたと子供におすすめの学資保険のご提案が可能です。

 


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング