引受基準緩和型の医療保険について

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

引受基準緩和型保険の仕組みをちゃんと知る

保険相談をされるのは健康体の方だけとは限りません。がんになった経験がある人や手術経験がある人が、当時の医療保険では満足できなかったり、そもそも医療保険に加入をしていなかったりと「見直しておけばよかった」「入っておけばよかった」の思いを持っているパターンもあります。

医療保険に加入する際には、告知の義務があります。過去5年間の病歴などを伝えた上で、保険加入が可能かどうかを審査されることになります。病歴によってこれまで入れる保険が無かった人のために引受基準緩和型の保険があります。引受基準緩和型について詳しくご説明をしていきます。

 

入れる保険がない?

重い病歴があると医療保険には加入ができません。がんについては再発の危険性がありますし、既往症についても同様です。リスクが高い方を保険会社も断るようになっており、保険会社がいじわるなのではなく、みんなの保険料を加入者で分けるという考えのもの当たり前の思想と言えるのです。しかし、一度病気になったからこそ、保険の大切さを実感している人も多いはず。保険会社に直接問合せをして加入の検討をするよりも保険相談をして、病気の種類によって入れる保険の提案をしてもらうようにしましょう。

 

引受基準緩和型とは?

病歴がある、既往症があるという人のためにある保険制度が引受基準緩和型の保険です。引受基準緩和型を簡単に言うと、審査のハードルが下がった保険です。これまで入る事ができなかったレベルを引き下げてくれているので、病歴がある人でも入る事ができる可能性が広がったのです。しかし、普通の医療保険と同じように入れるわけではありません。保険料が割高ですし、入ってしばらくの間は何かあった時の保険料支払いが減額になります。これらの条件をファイナンシャルプランナーの方と相談をした上で、加入するかどうかを検討してみてください。

 

引受基準緩和型には入った方がいい?

引受基準緩和型は保険料が割高であり、条件もいくつか発生します。子供がいない、貯蓄がある、といった環境であれば入るよりも貯金をこれまで以上に続けていった方が良い場合もあります。また、最初から病歴があるからといって引受基準緩和型を選択するのではなく、一般的な医療保険に入れないかを検討してみてください。ファイナンシャルプランナーの方も何人かに会って意見を比較してみてもいいでしょう。

 

まとめ

病歴がある人、既往症がある人のために引受基準緩和型の医療保険は存在しています。一般的な医療保険に入る事ができなくても引受基準緩和型であれば加入できることがあります。保険料が割高である、免責期間が存在するといった条件がありますので、ファイナンシャルプランナーの方とよく相談をして決めてください。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング