学資保険の月額費用について

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

学資保険の月額費用について

学資保険にかかる費用の相場は、毎月1万円〜2万円が平均です。受け取る金額を多くしたければ支払う金額を増やせば良いのですが、その分家計への負担も増えることになります。学資保険を受け取りたい時期と金額だけでプランを決めてしまうのではなく、毎月の支出についても計算しておかなければなりません。ここでは学資保険の月額費用について、どのように考えればよいのかをご説明します。

 

学資保険を受け取る時期について

学資保険は、プランによって保険料を受け取る時期が違います。例えば、小学校卒業時、中学校卒業時、高校卒業時と3回に分けているものもあれば、高校卒業時1回にまとめているものもあります。子供の進学で一番お金がかかるのは、高校を卒業して大学、短期大学、専門学校に行く時です。下宿の事も含めると、300万円程度の余裕が必要ですので、通常の貯蓄があると想定をして、この時期に150万円から200万円程度はもらえるように設計しておくといいでしょう。

 

学資保険に無理をしない

特に女性に多いのですが、子供が産まれると進学のためにお金をかけることを考えすぎてしまい、受取金額設定を高くしてしまう傾向があります。受取金額を多くするためには、毎月の支払い金額を増やさなければなりません。学資保険の支払い金額は月に1〜2万円が相場ですが、例えば大学入学前に500万円受け取ろうと思うと、月に4万〜5万円を支払っていかなければならなくなります。受取金額の設計をする際には、今の収入内で無理をしないように考えなければなりません。

 

学資保険の月額以外も考える

子供ができると、もちろん出費が増えます。これまでの夫婦二人の出費以外に、子供の出費も計算しなければなりません。学資保険の月額費用だけを考えればよいわけではないのです。また、子供が産まれると生命保険に加入する人も多いです。旦那さんに何かがあった時に、財産を残せるようにしておくためです。まだ若い夫婦には、毎月の出費と今後の予算を計算しにくいと思いますので、ある程度は夫婦で考えた後、保険の無料相談所でファイナンシャルプランナーの方に相談してみるのもいいでしょう。

 

学資保険の月額費用はしっかりと計算しよう

学資保険の月額の考え方についてご説明をしてきました。月額費用は受け取る保険料によって違いますし、受け取る時期によっても変わります。たくさん受け取りたいからといって、月額費用を無理な設定にすると途中解約しなければならない状況に陥ることもあります。無理がない将来設計をしっかりと夫婦で話し合い、ファイナンシャルプランナーの方と一緒にライフプランを考えていってみてください


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング