学資保険の保険相談

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

学資保険の保険相談について

子供がいる家庭の場合、この先小学校に入学し、中学、高校と進んで更には大学や専門学校を考えていかなければなりません。

入学時に支払わなければいけない入学金以外にも、学校で利用する教材やクラブ活動で利用する道具などの費用はバカになりません。それのために貯金をしている家庭もありますが、それだけでは不安だという家庭のために学資保険があります。

保険相談は医療保険だけではなく、学資保険の計画についても相談をすることができます。

 

学資保険とは?

例えば、子供が6歳の頃に加入した学資保険であれば、高校を卒業する12年間払い続けることになります。

この期間や金額については保険会社によっても違いますが、一般的には高校卒業までで計算されます。貯金をしていくのも重要ですが、学資保険の方が戻ってくるお金が多くなること、また勝手に引き落とされるので無駄遣いが出来ないこと、などのメリットがあります。

 

学資保険の種類

学資保険は大きく分けて「貯蓄型」と「保障型」の2種類があります。

貯蓄型とは、払っていった金額がそのまま貯まっていって返ってくるということです。返ってくる金額の割合の事を返戻率といいます。保険会社にもよりますが、高校卒業までに200万円支払ったとしたら240万円といった具合に増えて返ってきます。今の時代、銀行の利率よりもかなり良いのでそのまま貯金するのであれば、学資保険に入るメリットがありますね。上記の例の場合、240万円/200万円で返戻率が120%という計算になります。

もう一つの保障型は、学資保険以外に医療系の特約が付くタイプになります。子供が怪我や入院をした際に保障される制度です。保障型の場合、医療系の面で安心することができますが、200万円支払って返ってくる金額は180万円と元本割れをするのが一般的です。

 

学資保険相談

学資保険も単純に見えて、どのように設計するかが重要です。資料請求してもわかりづらいから保険相談をする人も多くなっています。子供の数、年齢、先の人生設計に合わせてファイナンシャルプランナーが親身に相談に乗ってくれます。様々な家庭を見ているからこそ、ベストなアドバイスがもらえるでしょう。

 

まとめ

ファイナンシャルプランナーへの保険相談には、学資保険も含まれます。子供の成長に合わせて保険に入っておくメリットや3人の子供がいたら全員入っておいた方がいいのかなど、先の人生の事も考えて相談に乗ってくれます。家庭の中では医療保険に比べると優先順位が下がるかもしれませんが、子供の事を考えて学資保険加入を検討してみてください。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング