相場で選ぶ学資保険の選び方

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

学資保険の相場とは?自分に合った学資保険の選び方

子供が生まれたことをきっかけに、考えることが多い学資保険。子供の将来のために検討する学資保険ですが、今の学資保険の相場をご存知でしょうか。

実際に学資保険に加入する前に、まずは今の学資保険の相場を知り、そして今のライフプランに応じた学資保険への加入を検討することは大切なことだと言えます。ここでは、学資保険の相場と、ライフプランに応じた学資保険の支払額を決める方法についてご説明します。

 

現在の学資保険の相場とは?

学資保険自体は、とても古くからある保険商品です。一番最初に現在のような学資保険が始まったのは、1940年ですから、70年以上の歴史があると言えます。そんな学資保険ですが、現在の保険金の相場は月に1〜2万円。

3万円を超えていた時期から比べると、少し落ち着いた傾向にありますが、それでもやはり学資保険は根強い人気の保険商品。子供が生まれたら、まずは学資保険という流れは、今も昔も変化はありません。

 

学資保険の相場に惑わされずに加入額を決める方法

学資保険の相場を参考に内容を決めるのは大切なことですが、自分のライフスタイル、子供の将来設計に応じて決めることはさらに大切。しかし、子供の将来設計といっても、実際成長した際にどのような道に進みたいと言うかは、わからないもの。

できるだけ満期額の高い学資保険に加入したいと考えるのが親心ですが、満期までの長期間払い続けるというリスクも考える必要があります。子供の加入時の年齢、親の年齢によって学資保険の保険料は変わるため、その点もあわせて検討しましょう。

月々のわずかな保険金の違いが、満期時に大きな違いに

長期に渡って保険金を払い続ける学資保険。学資保険の相場範囲であっても、月に1万円と月に2万円では、実際満期時に受け取る額は2倍+α。一般的な銀行などの積立貯金ではなかなか続けられないという人でも、学資保険という子供の未来に対する保険となれば、気合が入る場合も。また学資保険という名前ではありますが、実際に学業や子供と無関係のことに保険金を使用しても問題はありません。

学資保険の相場を知り、よりよい保険加入を

いかがでしたか。ここでは、学資保険の相場と選び方のポイントを簡単にご説明しました。一般的な相場を知っておくことは、学資保険選びの参考にはなりますが、実際に学資保険を考えるにあたってもっとも大切なことは、今の生活や今後のライフプランに基づいて計画をたてるということ。しかし、自分や家族だけで長期の学資保険を選ぶのはリスクが高いと感じる人も多いもの。そんなときは、頼れる保険のスペシャリスト・ファイナンシャルプランナーに相談できる無料の保険相談サービスをぜひご利用ください。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング