学資保険に贈与税が発生するケース

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

学資保険に贈与税が発生する?

子供の成長に合わせて祝い金を受け取ることができる学資保険ですが、契約時に注意しておかなければ受け取り金額に税金が発生することになります。掛け金よりも受け取り金額が下がってしまう事になっては学資保険の魅力は半減してしまいますよね。これは、受け取った保険金に所得税が発生するのか、贈与税が発生するのかによって違います。ここでは、学資保険と贈与税の関係についてご説明します。

 

学資保険の受取人は誰か?

子供が高校入学、大学入学となればかなりのお金が必要になります。子供が小さい頃に学資保険に入っておけば、節目節目で祝い金をもらうことができ、通常の貯金をするよりも多くお金をもらえることになります。ここで重要なのが祝い金の受取人です。子供のためにお金を残したい、と思い受取人を子供にしてしまうと、贈与税が発生してしまいます。親が支払ったお金を子供が受け取るような形になってしまうためです。例えば200万円の祝い金になるように掛け金を設定していた場合、10万円以上の贈与税が発生してしまいますので、受け取り人は支払いをした人にしておくことに注意してください。

 

学資保険の所得税とは?

受取人を子供にしてしまうと、贈与税が発生することが分かりました。では、学資保険には所得税がかからないのでしょうか?祝い金として受け取る学資保険には、所得税が発生しているのですが、200万円、300万円の受け取り金額の場合は、控除額の方が多いために気付かない事が多いです。損をしない祝い金の受け取りをする場合は、必ず支払った人を受取人にするようにしましょう。

 

学資保険の特約は大丈夫?

学資保険のもう一つの魅力は、子供の怪我や入院に対しても保障をしてくれる点です。親が受け取り人になっていても、怪我や入院の保障はしてくれますので安心してください。他の学資保険と比較する場合は、税金に対して丁寧に説明してくれているサイトを参考にするか、近くの無料保険相談を利用してみてください。学資保険と税金の関係について丁寧に説明してくれるファイナンシャルプランナーの方と知り合っておくと、先にも様々な相談に乗ってくれるようになります。

 

贈与税の細かい計算はファイナンシャルプランナーへ

学資保険と贈与税の関係についてご理解いただけたでしょうか?細かい計算式などは、身近にある保険の無料相談所でファイナンシャルプランナーの方に聞いてみるといいでしょう。学資保険の祝い金は、子供の進学にとても重要であり、家計をかなり助けてくれることになりますので、できるだけ損をしないようにしておくことが大切です。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング