学資保険に入る時は保険全体を見直しした方が◎

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

学資保険に入る時は保険全体を見直しする

学資保険は、加入する目的によって2種類に分けることができます。

貯蓄を最優先にすべきか、保障を付けたいと思うかによって月々の支払い金額や満期になって受け取る金額が変わってきます。家庭における他の保険(死亡保障、医療保障など)と組み合わせて考える必要があり、学資保険加入のタイミングが保険を見直すべきタイミングとも言えます。将来の子供たちのために、効率よく学資保険を利用するようにしてください。

学資保険に入っておけば安心?

子供が産まれてすぐ学資保険に入る事を検討する親もいれば、しばらくは様子を見ている親もいます。学資保険の返戻率を高く設定するのであれば、学資保険の加入タイミングは早い方がいいのですが、急いで入ることで他の保険の見直しを無視してしまうこともあるのです。また、学資保険に入ったからといって子供の教育費全てを賄えるわけではないことを覚えておきましょう。

学資保険は教育費をサポートするものであり、貯蓄は別口でも用意しておかなければなりません。学資保険の安心感だけに頼りっきりにならないように注意してください。

他の保険を見直すポイント

学資保険には特約が付いているものも多く、返戻率が100%を超えるものであっても簡単な特約ならつけることができる商品もあります。自治体によって子供の医療費はかなり免除される事が多いため、学資保険の特約に子供の保険をつけるのはあまりオススメができませんそれによって返戻率を下げてしまうのはもったいないです。どちらかというと契約者である親の保障に重きを置くようにしましょう。ただし、若い夫婦が死亡保障を2つも持つのは保険料がもったいないです。学資保険の死亡保障の方が適しているのであれば、他の保険は解約をする、または見直しをするようにしましょう。

学資保険の見直しはできる?

学資保険に加入した頃は、途中の祝い金受け取りが必要だと考えていたとしても、子供が大きくなるに連れてやっぱり一括でもらいたいと考えるようになることがあります。また、特約を増やしたい、または減らしたいとなることもあるでしょう。学資保険の場合、一度契約した場合は解約するとかなり損をしてしまうのですが、プランの変更は後々得をするものもあります。学資保険加入前に、途中のプラン変更が出来るかどうかを確認しておき、損をするようなことがあれば、あまり見直しをしないことをオススメします。

保険をトータルで見直すならファイナンシャルプランナーへ

保険の見直しは自分だけで考えると気付かないリスクに出会う事もありますし、無駄に支払っていることに気付かないこともあります。学資保険に加入しようと思った時、他の保険内容を持って無料保険相談所を訪れてみるといいでしょう。ファイナンシャルプランナーが無駄を見抜き、新しい見直しプランを提案してくれることでしょう。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング