学資保険の特約を最大限活かす

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

学資保険の特約を最大限活かす

学資保険は、定期預金と比較してもかなりお得な貯蓄ツールと言えます。戻ってくるお金を返戻率として表すのですが、110%〜120%となっているものが多く、教育資金の貯蓄として非常に適しています。学資保険には特約を付けれるものが一般的であり、医療保険や死亡保障をつけることで返戻率が下がる仕組みになっています。学資保険の特約を最大限に活かす賢い方法についてご紹介します。

学資保険の種類を調べる

まずは複数の学資保険を比較してみると特約について見えてきます。一般的な学資保険には免除特約が最初からついており、契約者が死亡しても満期になれば契約した金額を受け取ることができる制度です。万が一の事態に備えてつけておく事をお勧めます。複数の学資保険を比較して、飛びぬけて返戻率が高いものがあれば、免除特約の有無について確認してみましょう。一般的には付いているものですが、特約なので省く事ができる商品もあります。返戻率だけ見て決めてしまう事がないようにしておかなければなりません。

医療保障の特約

学資保険には簡単な医療保障が付いています。お子さんが病気で入院をした場合や、交通事故にあった場合に、お金を保証してくれる制度です。入っておく事で安心感を得る事はできますが、一般的な医療保障ほどの条件ではないことに注意をしましょう。また、お子さんが小さい間は医療費が免除になる制度が自治体ごとに設定されています。学資保険の医療保障が無くても大きな損失にならないのであれば、特約を付けずに返戻率をアップした方がお得です。よく風邪を引くからと言う理由で付ける人もいるのですが、安心感の裏にある戻ってくる金額を見比べて判断するようにしましょう。

学資保険は、何を優先にするのかが大事

子供が産まれたばかりの夫婦にとっては、「子供ができたら学資保険」のイメージを持っている人も多く、特約を細かく考えずにそういうものだと契約してしまうことがあります。学資保険は貯金であり、自分たちが支払ったお金が返ってくるものだと考えましょう。そうすれば特約をつけたことで元本割れすることを良しとしないでしょう。学資保険の目的は貯蓄なのか、貯蓄と保障なのかによって選ぶ特約が違いますので、事前に良く話し合って決めるようにしてください。

学資保険の特約はうまく利用しよう

学資保険の資料を見ると、おすすめ商品はスタンダードな特約が付いています。大体見比べるのは返戻率と特約の部分ですから、保険会社が差別化するのも返戻率と特約になります。スタンダードなプランの中に不要な特約が入っている事も多く、よく見極める事が大切です。ファイナンシャルプランナーの方に相談をして、理想的な学資保険を見つけてください。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング