学資保険の利率が変わる条件

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

学資保険の利率が変わる条件とは?

学資保険は全般的に利率が低い保険ですが、支払い方法と保険のプランの選び方によって利率を高くすることもできます。

学資保険に加入する目的と家族構成や家庭の経済状態に応じた学資保険はどのようなプランの学資保険なのでしょうか?

 

利率が変わる条件① 支払い方法、受け取り方法の違い

学資保険の支払い方法には、一時払い、一括払い、月払い、又は年払いという3つの方法があり、この支払方法の違いが利率の違いに繋がるポイントのひとつです。

一時払いと一括払いは保険料を一括で支払う方法ですが、一時払いの場合は支払った保険料が全て保険料として保険会社に支払われたことになるので、3つの支払い方法の中で最も払込み期間が短く、運用期間が長いことから高い利率で保険金を受け取ることができます

次に利率が高いのは一括で支払った保険料がいったん保険会社の預かり金となり、その後月々保険料として保険会社に支払われていく一括払いです。

月払い、年払いの場合はそれほど高い利率はつきません

また、受け取り方にも2つの方法があり、満期に全額受け取る方法と、中学入学、高校入学などの折々に一時金を受け取る方法です。

これも支払い方法と同じ理由で、満期に全額受け取る方法の方が保険料の運用期間が長くなる為、利率が高くなります。

 

利率が変わる条件② 保険プランの違い

学資保険のプランには大きく分けると貯蓄型と保障型があります。

貯蓄型は教育資金を大学入学など目標とする時期に合わせて満期保険金が受け取れるようにする学資保険で、保障型は親に万が一のことがあり、保険料を支払えなくなった場合にも教育資金が確保されるという学資保険です。

貯蓄型と保障型を比較すると、貯蓄型の方が利率は高く保障型は万が一の時の保険金の支払い免除の他に育英資金などの保障の為のオプションが増えるほど利率が下がり、最終的に元本割れをしてしまうこともあります。

親に万が一のことがあった場合には親の加入している生命保険で子供の教育資金や生活資金は保障されるので、利率の良い学資保険で教育資金を潤沢に用意したいという場合には、利率の高い貯蓄型学資保険、親に万が一のことがあった場合の保障を確立しておきたい場合は、保障型学資保険が向いています。

 

より利率の良い学資保険を選ぶ為に

学資保険は多くの保険会社が提供している保険です。

利率の良い学資保険の条件を満たしている学資保険という条件だけで考えても、最適な学資保険を選ぶことはできません。

親の加入している保険、家族構成、経済状態などすべてを勘案して撰ぶことが大切です。

自分の家族に適している有利な学資保険を選ぶ為に、保険の知識が豊富なファイナンシャルプランナーに無料で相談できる保険相談サービスを利用してみましょう。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング