学資保険の利回りと定期預金の金利について

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

学資保険の利回りと定期預金の金利について

学資保険を貯蓄と考えて契約を検討する場合には、定期預金の金利とどれくらいの差があるのか気になるところです。学資保険の利回りと定期預金の差、またそれぞれのメリットとデメリットについてまとめます。これからお子さんが進学していく中で、教育資金はとても大切です。将来を見据えた計画を立てる上で、学資保険のような貯蓄型保険の利回りについては常に意識をしていくようにしましょう。

 

学資保険の方が定期預金よりもお得?

昔とは大きく違い、定期預金の金利は0.1%〜0.3%程度となってしまいました。そのため、お金を定期預金に預けていても増えることを期待できず、貯金としての役割が薄れてきています。一方で、学資保険のような貯蓄型保険の方が利回りが良いため、子供ができたら今の金利に期待をせずに、学資保険に加入する人が多いのです。定期預金の例でいえば、毎月1万円貯めていくと15年間で3万円程度の利息になります。180万円で3万円ですね。一方、学資保険の場合、返戻率が105〜110%くらいで計算をすると、同条件で15万円程度増えて返ってくることになります。この10万円以上の差は、受け取る時にかなり大きな差となります。

 

学資保険の固定返戻率で将来設計を安心に

学資保険の返戻率は、契約をした時で決まることになり、受け取り金額も固定されています。そのため、途中解約をしない限りは当初予定した金額は確実にもらうことができますが、景気が良くなったからと言ってもらえるお金が増えるわけではありません。支払う金額も固定、もらえる金額も固定ですから、将来設計が立てやすいと言えます。毎月の支払いが増えることで家計を圧迫することもあるでしょうが、なかなか貯金が出来ない家庭にとっては、学資保険に加入して収支設計をしてしまいましょう。

 

金利に頼れないデメリットもある

学資保険は受け取るまでに15年〜20年かかります。長い間、貯蓄としてお金を貯めていくことになりますのでその間に金利が変わらないとも言い切れません。定期預金の金利が良くなったとしても、これまで加入していた学資保険を解約すると元本割れを引き起こします。将来的に金利が良くなることは現時点で考えにくいですが、全てを学資保険に頼ってしまうのが正解かどうか考えてみるのもいいでしょう。

 

利回りの不明点はファイナンシャルプランナーへ

学資保険のような貯蓄型保険の場合、利回りについての説明をしっかり受けて理解しても、定期預金のような金利との比較は素人に簡単なものではありません。無料保険相談にいるファイナンシャルプランナーは、ただ保険を紹介するだけではなく、様々なライフプランに合わせた提案をしてくれます。最初から学資保険だけに絞るのではなく、いろんなアドバイスを受けてみるといいでしょう。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング