学資保険に医療保険の特約を付ける

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

学資保険に医療保険の特約を付ける

学資保険には、医療保険の特約を付けることができます。教育のための貯金とセットになっているものですので、保険サービスの付加価値と言えますね。学資保険を比較した際、特約が無ければ返戻率と支払われる年齢の差くらいでしか保険会社を比較できませんが、保険会社によって特約の種類も様々ですから、学資保険以外の保険とも比較して選ぶようにしてみてください。ここでは、学資保険に医療保険の特約を付ける場合の注意点についてまとめます。

 

学資保険の医療保障

一般的な医療保険と比較して学資保険の医療保障にはどのようなものがあるでしょうか。保険会社に共通で言えるのが、医療保険ほどの保障はしてくれないことです。医療保険は、病気や怪我、入院をした際に保障してくれる保険であり、そのためだけに保険金を支払っています。目的が特化しているからこそ、保障額も大きくなっているのです。一方、学資保険の場合は、教育の資金を貯めることが目的です。いくら医療保障の特約がついているからといって、医療保険の制度には勝てません。保障内容を見る時には、保障額と保障してくれる範囲についてチェックが必要です。

 

学資保険だけで医療保障は安全か?

子供が産まれると、これまで以上にお金が必要になります。そんな時、親が入院をすることになってしまうと収入が減るだけでなく、入院費用も臨時でかかってしまいます。学資保険の医療保障特約だけでカバーしようと思うと、いざという時には足りなくなってしまいます。まだ若いから大丈夫だと思っていても何があるか分かりません。医療保障を受けたいのであれば、医療保険に特化して選ぶ方が良く、学資保険には貯蓄だけに集中させるか、特約を付けてもサブ保障の役割にしておきます。

 

学資保険についている子供の医療保障

学資保険には、契約者よりも被保険者(子供)の医療保障がお得になっているケースが多いです。返戻率が110%となっていても少しの保障であればカバーしてくれる商品が多いです。子供が通院しても医療費はあまりかかりませんが、入院となると親も付き添いになりますからそれなりの費用をカバーしてもらいたくなります。学資保険に医療保障を付ける場合は、返戻率が下がらない状態になっていることを条件に選ぶといいでしょう。

 

医療保障特約はじっくりと検討しよう

いかがだったでしょうか?学資保険に医療保障が付いているからといって、医療保険を解約するまでには至りません。子供が産まれた際に、何の保険にも入っていない家庭はたくさんあります。決して焦る必要はありませんので、無料保険相談を通して、じっくりと決めていけば良いです。信頼できるファイナンシャルプランナーの方にいろんなアドバイスをもらい、家庭でもよく話し合ってぴったりの学資保険を見つけてください。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング