学資保険がおすすめの理由【子供が生まれたらまずは学資保険】

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

子供が生まれたらまずは学資保険?学資保険がおすすめの理由

子供が生まれたら、または生まれる前であっても妊娠がわかった際に学資保険をすすめられたという人は多いもの。子供が生まれた後ならまだしも、妊娠中に学資保険と言われてもピンとこない人も多いかもしれませんが、しかし子供と学資保険は切っても切り離せない関係であることは確かです。もちろん、学資保険の加入は強制ではありませんし、加入しないという選択をすることも自由。しかし、多くの人が学資保険に加入するのには理由があるもの。ここでは一般的に学資保険がおすすめの理由、そして学資保険が不要な人についてご説明します。

子供の教育資金は年々増加中

学資保険は子供の教育資金という図式は、今も昔も変わりません。専門学校、大学、留学など将来の選択肢は広がる一方。赤ちゃんの頃には、子供がどのような未来を選ぶのか予測はできませんが、その一方でどのような未来を選んだとしても、親としてできる限りのサポートをしたいと考えている人は多いのではないでしょうか。そしてわからない未来のために、今から備えることができるもっとも大きなものといえば教育資金。学資保険に加入することで、毎月コツコツと積み立てることが可能です。

低金利の時代でも貯蓄性の高さが魅力

現在のように低金利時代では、銀行預金ではあまりメリットがあるとはいえません。積み立てるという行動は同じですが、やはり折角なら積み立てた金額+αの部分もあれば嬉しいと思うのが人間心理。学資保険の加入内容や、保険会社のプランによって変動があるため一律いくらとは言えませんが、高いものであれば10%近い金利となることも。この低金利時代に、10%の金利がつくこと。そして、途中で解約しなければ確実に得られるということは大きなメリットといえます。

子供のための学資保険が不要な人とは

子供の教育費のための学資保険。メリットもありますが、中には学資保険が必要ないという人も存在します。たとえば既にしっかりとした蓄えがある人。この場合はあえて更に学資保険に入る必要はないですし、学資保険で貯めるのではなく株などの金融関係を増やしながら貯めていきたいという人も、不要と言えます。問題は学資保険の加入の有無ではなく、子供の教育費をどうやって準備するのかという点。既に準備ができている人や、別の方法で準備することを決めている場合は、学資保険は不要といえます。

一般的には子供のために学資保険に加入する人が多数

子供のための教育資金を貯める方法として人気の学資保険。他の方法で教育資金を貯めたい人や、既に教育資金の見込みがある人はさておき、一般的にはメリットの多い学資保険を選ぶ人が多いといえます。しかし、学資保険は、保険料や満期金、支払い年数によって細かくプランが分かれるもの。細かさが魅力ともいえますが、逆に言えば一般の人にはわかりにくくなっています。そんなときは、保険の知識が豊富なファイナンシャルプランナーに無料で相談できる保険相談サービスが便利です。細かな疑問や不安点を質問し、自分にあった学資保険への加入を検討しましょう。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング