学資保険に加入できるのは何歳まで?【お得な加入方法】

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

学資保険に加入できるのは何歳まで?お得な加入方法とは

学資保険の主な目的は、子供の教育資金。つまり、何歳になっても加入できるわけではありません。学資保険に加入するタイミングも大事ですが、そもそも何歳までしか加入できないという商品も存在します。ここでは学資保険に加入できるのは何歳から何歳までなのか、そしてお得な加入方法とは何か詳しくご説明します。学資保険加入を検討している方はぜひ参考にしてください。

学資保険の保険料は、子供の年齢によって変化する

学資保険の保険料を決めるのは、主に契約者となる保護者の年齢と被保険者となる子供の年齢。契約者の年齢は、変えようがありませんが、子供の年齢は何歳に加入するか選ぶことができます。「学資保険加入は、早ければ早いほうがいい」と言われているのには、そこにも理由があったのです。

学資保険に加入できるのは何歳から何歳まで?

学資保険という言葉のイメージから、被保険者となるのは子供というイメージはあるかもしれませんが、具体的な年齢は知らないという人も多いもの。実は学資保険は妊娠中、出産140日前から加入が可能です。早く加入するメリットは保険料の安さだけではなく、契約者である保護者、例えば父親に万が一のことがあった場合は、保険料の支払いは免除されその後の保険契約が続行されるという点。

逆に、子供が7歳を超えると加入できなくなる学資保険も出てきます。ゼロになるわけではありませんが、月々の保険金も増え、家庭への負担も増すため注意が必要です。

金銭的に余裕があるなら、早い段階での加入がおすすめ

少しでもお得な学資保険に加入したいと思うのであれば、返戻率だけにこだわるのではなく、少しでも早く加入を検討することが大切。妊娠中に学資保険?と、驚く人も多いかもしれませんが、実際出産後は慌しく学資保険について考える時間がとれないという声もあります。満期金の額、受け取るタイミング、支払い年数など、ライフプランに合わせた学資保険のプランを組み検討しましょう。一般的に支払い年数は短く、給付金を受け取る回数を減らすことで返戻率は上昇します。

学資保険の加入検討に「早すぎる」ということはありません

いかがでしたか。ここでは学資保険に加入できる年齢や、早い段階で加入することのメリットをお伝えしました。「後からゆっくり考えよう」と思ってずるずる先延ばしにしていると、気付いたらもう加入できない!条件があまり良くない…という可能性も。実際の加入の有無はさておき、学資保険が必要かも?と思い始めたら、まずは無料でファイナンシャルプランナーに相談できる保険相談サービスをご利用ください。学資保険に対するイメージが固まり、今のあなたや家族のライフプランに合う学資保険が見つかるはずです。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング