学資保険を無駄にしてしまわないために

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

学資保険を無駄にしてしまわないために

学資保険は一度契約をすると毎月自動的に支払いされていき、一定の年数までお金を受け取ることができません。日頃の生活費は、支払った金額を省いた金額で自然と計算されるようになり、思っていたよりも学資保険の支払いがダメージにならない事が多いです。一方で、厳しい収入の中で高い契約をしてしまうことで、解約せざるを得ない家庭のケースも少なくありません。ここでは、学資保険が無駄にならないためには、どのようなアプローチをしていくべきなのかをご説明します。

学資保険はシンプルに考える

学資保険には特約が付いているものが多く、返戻率が他の保険会社との比較になります。様々なシミュレーションをしてみると差が見えてくるようになるかもしれませんが、時間をかなり要してしまいます。無料保険相談で紹介された学資保険が1社なのであれば、保険相談所を複数訪問してみてください。そして、考え方はシンプルにしてみるといいでしょう。毎月いくら払って、合計いくら返ってくるのか。特約などの比較は二の次にしておくことでスマートに学資保険を見ることが出来るようになります。

学資保険特約の組み合わせを考える

学資保険には、死亡保障や育成年金など、契約者が亡くなった時の保障が充実しているものが多いです。子供が産まれてすぐに学資保険に入るのであれば、夫婦は20代から30代前半が一番多く、死亡するリスクの優先順位を高くするのは保険料がもったいないです。また、両親(子供から見たら祖父母)が仕事をしているような家庭においては、万が一のことがあっても助けてくれることでしょう。慣れると見えなくなる毎月の支払い金額は、最初の契約段階で精査しておく事が必要です。無駄な特約になっていないのか、改めて見直しをしてみてください。

複数の学資保険に入る場合

1つの学資保険ではなく、特に兄弟ができたときには違ったサービスを組み合わせてみてください。1つのサービスは特約が充実しているものであれば、もう1つのサービスは返戻率がとても高いものにするなど、特色を分けて考えるようにするのです。他にも医療保障やがん保険などに入っている人は、全ての保険で無駄が無いのかを通して考えてみるといいでしょう。

学資保険の無駄を解決

いかがだったでしょうか。学資保険に入るときには、他の保険と組み合わせて考えるようにしてください。案外、重複した保障になっていることもあり、省ける無駄がたくさんあります。自分で分かりにくい場合には、保険の無料相談所に行き、ファイナンシャルプランナーの方に客観的な無駄をしていしてもらうといいでしょう。保険はあくまで自分たちで決めるものですが、客観的目線があると無駄に気付くこともありますよ。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング