学資保険を安い掛け金で契約する【裏技】

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

学資保険を安い掛け金で契約するためには?

「学資保険は、子供の将来のために必要な保険」、「学資保険を掛けておくと、将来的に子供がどんな道に進みたいと言っても安心」と、学資保険の重要性について理解していらっしゃる親御さんはたくさんいます。

しかしながら、マイホーム購入の次にお金がかかると言われる保険料に、頭を悩ませているご家庭も少なくありません。

そこで今回は、出来るだけ少ない掛け金で学資保険を契約するにはどうしたら良いか、というテーマでお話を進めていきます。

 

毎月の掛け金を安くするためには、満期で貰える金額を減らす

これは当たり前のことですが、毎月の掛け金が高いほど、満期で貰える金額は高くなります。

ですから、毎月の掛け金を安くするためには、満期で貰える金額を減らすという覚悟をすればいいのです。とてもシンプルな考え方になります。

しかしながら、安易に掛け金を安くするのは待ちましょう。

契約の前に掛け金と満期で貰える金額をシュミレーションした上で、学資保険に100%頼らなくても貯蓄で進学費は何とかなると自信のある場合だけ、掛け金の安い学資保険に加入されることをオススメします。

 

保険料の支払いを一括にしてみる

毎月の掛け金を少しでも安くしたいとお考えなら、少し違う角度から物事を考えてみませんか?実は、保険料の支払い方法によっても、保険料の支払い総額が異なる場合が多いのです。簡単に言えば、毎月保険料をコツコツと支払っていくのではなく、一括での支払いにしてしまうのです。

18歳で満期の学資保険ですから、もしまとまった金額が準備できるのであれば、その方が圧倒的にお得です。

 

安い掛け金の学資保険を吟味する

「面倒だから、保険に関しては1社にまとめてしまおう」という考えは、結構損をしてしまいます。保険会社によって力を入れているプランや、料金形態・内容が明らかに違うので出来るだけ安い掛け金を望むなら、とことん吟味しましょう。

ただし、安い掛け金のプランを選ぶ際には、内容をしっかり確認して後悔にないようにすべきです。

 

学資保険にあなたが求めるものは?

最後に確認しておきたいのは、学資保険にあなたが何を求めるかです。

毎月の掛け金の安さなのか、それとも返戻率なのか、保障内容なのか。

学資保険を加入するにあたって、何を1番優先するのかを考えておくことが大切です。

しかし、学資保険は数多くの商品が出ていますし、特約条件等の組み合わせも含めるとなかなか一人で選ぶのは、結構大変です。

そこで、保険の知識が豊富なファイナンシャルプランナーに無料で相談できる保険相談サービスを利用してみるのはいかがでしょうか?


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング