学資保険の保険料や満期金と確定申告の関係

医療保険、がん保険等を徹底比較!安くて内容も充実の保険に見直そう!凝り性な私は生命保険を徹底的に見直し月2,000円の終身医療保険と3,000円の終身がん保険に加入しました。その経験から35社以上の医療保険、死亡保険、個人年金、収入保障保険、学資保険のおすすめ保険をコメントと評価、ランキング付きで比較します。

学資保険の保険料や満期金と確定申告の関係

学資保険の保険料や、満期金は確定申告の際にどのような扱いになるのか、気になるという人は多いもの。医療保険や生命保険といったジャンルの保険であれば、生命保険料控除枠があり、比較的想像しやすいものですが、学資保険に関する税金がどうなっているのかという点は、一般的に知られてない部分も多いもの。

ここでは学資保険の保険金や満期金は、確定申告時にどのような扱いになるのかという点をご説明しています。

学資保険の満期金は「一時所得」

まず、学資保険の満期金の扱いについてご説明します。学資保険の満期金は、税制上は「一時所得」という扱いになるため、一見課税されるように思う人がいるかもしれません。しかし、学資保険の満期金はそれまで支払った保険金があるからこそ。満期金として得た金額から、今まで積み立ててきた保険料を差し引き、なおかつそこから特別控除として50万円を引き、さらに1/2をかけた額が学資保険の満期金に課税されることになるため、高い確率で税金が0円になると言えます。

学資保険の保険金は、確定申告の際に生命保険料控除の利用も可能

学資保険によっては、医療保険や生命保険のように怪我や万が一の状況に備えた特約をつけることが可能です。もし、学資保険に特約をつけている場合は、その保険料分に対して確定申告の際に「生命保険料控除」として提出しましょう。大きな額ではない、と思うかもしれませんが、わずかでも節税に繋がる可能性大。

他にあまり保険に入っていないという場合は、余計にこの生命保険料控除枠による節税効果が見込めるはずです。

学資保険は確定申告で100%課税されないとは言い切れません

学資保険は、課税されることがほぼないという内容をお伝えしましたが、100%課税されないとは言い切れない部分があります。なぜなら、最近の学資保険では利率も決して良いとはいえませんし、満期金の+α分もそう高い金額になりませんが、ひと昔前にはもっと利率が良い学資保険も販売されていました。その頃の学資保険の場合は、実際に支払った保険金よりも受け取る満期金がかなり多くなり、課税される可能性もあります。

学資保険に関する確定申告の悩みは、保険相談サービスで解決

学資保険に関する悩みや心配が生まれるのは、保険金の金額や、満期金をいくらにするかという内容だけではありません。毎年行う確定申告や、満期金を受け取る年の確定申告でも、できる限り余分な税金を支払いたくないという思いが生まれるのは自然なこと。

しかし、身近に相談できる人もいないという場合は、信頼できるファイナンシャルプランナーがいる保険の相談サービスを利用することが大切。ひとりで悩んでいても見つからない答えや解決策を提案してくれるはずです。


管理人が相談した無料保険相談会社口コミ付きランキング